• TOP
  • スポーツ
  • 箱根駅伝で脚光浴びる「山の5区」、神々の系譜を紐解く

スポーツ

2020.01.02 07:00  週刊ポスト

箱根駅伝で脚光浴びる「山の5区」、神々の系譜を紐解く

初代・山の神の順天堂大・今井(写真/共同通信社)

 箱根駅伝で「花の2区」と並んで脚光を浴びるのが、「山の5区」だ。スポーツジャーナリスト・生島淳氏が“神々の系譜”を紐解く。

 * * *
 5区が20.9kmから23.4kmに延びて最長区間となった2006年から、ほぼ元に戻る2017年までの期間は特異な時代でした。5区で順位を一変させる「山の神」が次々と生まれます。

 まずは順天堂大の今井正人。2007年は4分9秒差を逆転してトップに立ち、チームを総合優勝に導いた。卒業後はマラソンに挑み、35歳の今もMGCに出場するなど存在感を見せています。

 箱根が生んだ最大のスターといえるのが東洋大の柏原竜二。記録だけでなく、抜き去る際に相手をチラッと見る不敵な走りに、ファンは魅了されました。

 青山学院大4連覇の最初の年に登場した神野大地は、メディアに自分の言葉で語り、プロ転向後はケニアで長期合宿を敢行するなど、既存の型にはまらない青学大らしいランナーです。

 一方、私が“元祖”だと思うのは1974年から4年連続5区で区間賞に輝いた大東文化大の大久保初男さん。1975年には初の総合優勝の立役者となりました。

 最長区間ではない時代も、勝負を左右する選手が登場する。5区は、「10分の1」ではないのです。

関連記事

トピックス