スポーツ

箱根駅伝で脚光浴びる「山の5区」、神々の系譜を紐解く

初代・山の神の順天堂大・今井(写真/共同通信社)

 箱根駅伝で「花の2区」と並んで脚光を浴びるのが、「山の5区」だ。スポーツジャーナリスト・生島淳氏が“神々の系譜”を紐解く。

 * * *
 5区が20.9kmから23.4kmに延びて最長区間となった2006年から、ほぼ元に戻る2017年までの期間は特異な時代でした。5区で順位を一変させる「山の神」が次々と生まれます。

 まずは順天堂大の今井正人。2007年は4分9秒差を逆転してトップに立ち、チームを総合優勝に導いた。卒業後はマラソンに挑み、35歳の今もMGCに出場するなど存在感を見せています。

 箱根が生んだ最大のスターといえるのが東洋大の柏原竜二。記録だけでなく、抜き去る際に相手をチラッと見る不敵な走りに、ファンは魅了されました。

 青山学院大4連覇の最初の年に登場した神野大地は、メディアに自分の言葉で語り、プロ転向後はケニアで長期合宿を敢行するなど、既存の型にはまらない青学大らしいランナーです。

 一方、私が“元祖”だと思うのは1974年から4年連続5区で区間賞に輝いた大東文化大の大久保初男さん。1975年には初の総合優勝の立役者となりました。

 最長区間ではない時代も、勝負を左右する選手が登場する。5区は、「10分の1」ではないのです。

関連キーワード

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン