• TOP
  • 芸能
  • 紺野美沙子は年女、「成人式着物は姉のお下がり」と写真披露

芸能

2020.01.02 07:00  週刊ポスト

紺野美沙子は年女、「成人式着物は姉のお下がり」と写真披露

紺野美沙子は今年、年女(撮影/秋山庄太郎 写真提供/秋山庄太郎事務所)

 2020年、令和最初の新春を華やかに寿ぐ「子年生まれ」の紺野美沙子。美しい晴れ着姿の“お宝写真”を見ながら、20歳の思い出や新年の抱負を語る。

 * * *
 成人式の年は、ちょうど朝の連続テレビ小説『虹を織る』の撮影が始まっていました。そのため式に出ることができず、晴れ着を着ることができませんでした。

 収録が落ち着いた頃に振り袖を着て、写真館で撮影したのを覚えています。着物は姉のお下がりでしたけど(笑い)。

 私の主宰する朗読とアートとを組み合わせた舞台『朗読座』は、おかげさまで来年旗揚げから10年を迎えます。

 私自身も還暦という節目の年になりますが、特別な催しをする予定はありません。これからも、今までと変わらず、一つひとつのお仕事を丁寧に大切にして、のんびり過ごしていきたいなと思っています。いやだ、年寄りくさかったかしら(笑い)。

●こんの・みさこ/1960年生まれ、東京都出身。1980年に連続テレビ小説『虹を織る』(NHK)でヒロインを演じ、人気女優に。

◆取材・文/小野雅彦

※週刊ポスト2020年1月3・10日号

関連記事

トピックス