芸能

色あせないワクワク感、サバンナ高橋が語る『ドラえもん』

声優を務めた2019年『映画ドラえもん のび太の月面探査記』にて

 今から50年前、1970年のお正月に『よいこ』『幼稚園』『小学一年生』~『小学四年生』の6誌同時に連載がスタートした『ドラえもん』。そして、その誕生秘話を明かす新たな単行本『ドラえもん第0巻』が発売された。新刊の発売はなんと23年ぶり! そこで、芸能界きってのドラえもんファンであるお笑いコンビ・サバンナの高橋茂雄(43)さんにドラえもんに対する思いを聞いた。

「ドラえもん好き」として知られ、2017年から史上初となる3年連続で映画の声優も務め、昨年10月から土曜17時に“引っ越し”したテレビアニメ『ドラえもん』(テレビ朝日系)ではスネ夫と語り合う新コーナー「スネ夫としげお」まで担当する高橋さんが、その愛を惜しみなく語ってくれました。

 * * *
 ドラえもんの魅力はなんといってもひみつ道具でしょう。夢と希望と未来が詰まっていて、それが50年間ずっと色あせず、変わらないワクワク感を与え続けてくれる。自動翻訳機は「ほんやくコンニャク」、「タケコプター」はドローンのようだけど、それでも21世紀の科学技術をもってしても叶えられない道具ばかりで、藤子・F・不二雄先生の想像力は科学を超えているんです。

 ぼくがドラえもんを好きな理由は、「空を飛びたい! 100点とりたい! 勉強したくない! 遊びたい!」という子供の頃に抱いた夢を叶えてくれるうれしさ。大人になってなんだか小難しいようなことを言ったりしていても、心の根っこにあるのはそういう単純な夢、欲望なんだと思います。だから子供にも大人にもずっと愛されるんじゃないかな。

2017年には『映画ドラえもんのび太の南極カチコチ大冒険』で声優を担当

 すごい道具を使っているのにドジしたり、ヘマをするのび太に大笑いするんです。のび太ってバカでドジで、ひとりじゃなんにもできないけど、本当にいいやつ! キャラクターの中で一番好きですね。完璧じゃないからこそ愛すべき存在だし、ホッとする。ドラえもんが助けてあげたくなる気持ちもわかるなぁ。

 使ってみたいひみつ道具は、「もしもボックス」! 毎日いろいろな“もしも”のパラレルワールドを体験するほど贅沢な遊びはない気がします。もし手に入れたら、最初の“もしも”は「もしも『女性セブン』のこの号が1億部売れたら!」にします(笑い)。

※女性セブン2020年1月16・23日号

2018年は『映画ドラえもんのび太の宝島』で声優を務めた

 

関連キーワード

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
上島竜兵さんと竜兵会の面々
劇団ひとり 上島竜兵さんへの追悼ボケと『浅草キッド』に見る「お笑い師弟愛」の美学
NEWSポストセブン
“不仲説”について達川光男氏が答える(時事通信フォト)
達川光男氏が『サンモニ』関口宏との“不仲説”に弁明「娘にも心配されました」
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン