芸能

吉田沙保里、年下イケメン2人を高級外車で送迎してあげる

後部座席から“デート相手”の荷物を下ろす吉田

「女性としての幸せは、絶対につかみたい」。こう語っていた引退会見からちょうど1年、吉田沙保里(37才)のドライブ“デート”をキャッチした。

 1月中旬の午後8時、吉田の運転する高級外車の4WDが、都内の住宅街に停車する。ロングスカートにグッチのスニーカーを合わせ、艶やかなロングヘアをなびかせた吉田がコンビニエンスストアに向かうと、助手席から伊野尾慧似の男性が、後部座席からは増田貴久似の男性が降りて後に続いた。心なしか吉田の表情は明るい。

 吉田は五輪3連覇を含む16大会連続世界一を達成し、国民栄誉賞や紫綬褒章などを受賞、「霊長類最強女子」と称されたスーパーアスリートだ。引退後は朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)のパーソナリティーに抜擢され、バラエティー番組にもたびたび出演、現役時代には見せなかった親しみやすいキャラクターで人気を博している。しかしその評判に、変化が見え始めたという。

「芸能人との交友関係も幅広く、自分のインスタグラムに深田恭子さん(37才)との写真をアップするなど、その意外性から話題になりました。でもそれが度重なって、ちょっと“あざとい”と感じる人も出てきているようです。昨年7月に下着のCMモデルにも抜擢されましたが、その時も、“綺麗で驚いた”との声と、“吉田さんが手を出す仕事ではない”という批判めいた意見もありました」(テレビ局関係者)

 だがその一方で、プライベートは充実そのもの。吉田の周りには、常に人が集まってくるという。

吉田と別れてマンションに入るイケメン男性

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン