吉田沙保里一覧

【吉田沙保里】に関するニュースを集めたページです。

吉田沙保里
「TV出演減」吉田沙保里と「引っ張りだこ」浜口京子 方向性の違いは
 女子レスリング五輪3大会連続金メダリストの吉田沙保里が、現役引退直後から2年あまり務めてきた朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)のレギュラーを9月いっぱいで卒業することが発表された。吉田は9月27日から東海テレビの情報番組に出演するが、全国ネットでのレギュラー出演はなくなり、他のテレビ出演も少なくなっている印象だ。 それに比べて、テレビで見ない日はないというほど出演番組が増えているのが、同じく女子レスリング出身の浜口京子である。各局のバラエティ番組に引っ張りだこで、9月26日には『ドリフに大挑戦スペシャル』(フジテレビ系)でコントにも挑戦した。 2人の違いを、テレビ局関係者はこう分析する。「吉田さんについては、どうしても局側が気を遣ってしまう部分があり、番組でもいつまでも“お客様扱い”が拭えません。一方の浜口さんも吉田さんに負けないほどのレジェンドですが、彼女の場合は出演者の側もアスリートとしての敬意は払いつつ、天然ぶりを気軽にいじったりできる。 2人の違いを端的に示したのが東京五輪でした。『ZIP!』に金メダルを取った川井梨紗子選手が生出演した際、吉田さんが『現役時代の吉田沙保里にズバリ勝てる自信は?』と訊いて、川井選手が慌てて『ない、ないです』と答える場面がありました。もちろん本人としては冗談で言ったつもりでしょうが、周囲のフォローもなかったので本気と受け取った視聴者も多かったはず。アスリートとしての強いプライドが垣間見えました。 一方の浜口さんは五輪特番の『ジャンクSPORTS』に出演すると、川井梨紗子&友香子姉妹を前に2人の偉業を手放しで大喜び。それでいてMCの浜ちゃん(浜田雅功)がふざけてタックルしてきたところを捌いてがっちり固め、『そこまでやらんでもええやん』とのツッコミを受けて爆笑をかっさらいました。  番組への真面目な取り組みは同じにしても、あくまでアスリートとしての立場にこだわる吉田さんと、現役とは一線を引きつつタレント的に番組を盛り立てようとする浜口さんとの違いがよく現われた場面でした」 2人が今後目指す方向性の違いもあるのではないかと、芸能関係者は言う。「浜口さんは引退した以上は過去の栄光に囚われず、オファーがあったらなんでも全力で取り組むという意識が高い。そのぶん、空回りすることもあるのですが、ダウンタウンや有吉(弘行)さんをはじめ、彼女のそうした姿勢を評価するタレントは多い。 一方、吉田さんは美容やおしゃれに関心があり、インタグラムで全身GUCCIコーデや綺麗な生足を披露するなど、ビジュアルに磨きをかけている。今後はモデル業にも力を入れていくのではないでしょうか。美声の持ち主で、最近では番組で歌も披露しましたし、ギターも練習しているようなので、歌手デビューもあり得るかもしれません」 アスリートの引退後は長く、目指す方向性にもさまざまな違いがあるようだ。
2021.09.30 07:00
NEWSポストセブン
野球は初の金メダル獲得(写真/日本雑誌協会代表撮影:真野慎也)
メダル58個を獲得! 東京五輪日本人メダリストの歓喜の瞬間を振り返る
 大会が1年延期になった。無観客の会場に声援は響かなかった。それでも日本選手団は史上最多、58個のメダルを勝ち獲った。テレビのハイライト映像では見逃した、アスリートたちの汗と涙の結晶が、ここにある──。雑誌カメラマンが捉えた日本人メダリスト114人の姿を振り返ろう。●競泳 大橋悠依【金】女子400メートル個人メドレー、【金】女子200メートル個人メドレー 日本記録を持つ競泳女子のエース。夏季大会で2つの金メダルを獲得したのは日本の女子選手では初の快挙。●野球【金】 正式種目としては初の金メダル獲得。5戦全勝の負け知らずで、日本野球界の悲願を自国開催の晴れ舞台で成し遂げた。●ソフトボール【金】「上野の413球」で初戴冠した北京大会から13年。再び米国との決勝のマウンドに立った上野の好投で連覇を果たした。●ゴルフ【銀】女子個人 稲見萌寧 ゴルフは前回大会で112年ぶりに正式競技に復帰。日本勢初メダルは22歳ツアー7勝の女子プロがもたらした。●アーチェリー【銅】男子団体 武藤弘樹、河田悠希、古川高晴【銅】男子個人 古川高晴 準決勝で韓国にシュートオフ(延長戦)で惜敗したが、3位決定戦でオランダをシュートオフで下した。男子団体としては初のメダル獲得だ。●卓球【銀】女子団体 伊藤美誠、石川佳純、平野美宇【金】混合ダブルス 伊藤美誠、水谷隼【銅】女子シングルス 伊藤美誠【銅】男子団体 水谷隼、丹羽孝希、張本智和 女子団体では、2012年ロンドン大会以来の決勝に進出したが王者中国の壁は厚く打ち破れなかった。打倒中国の大目標は次大会に持ち越しへ。 男子団体は3位決定戦で韓国を下し、リオ五輪に続いてのメダル獲得となった。今大会の卓球のメダル数は過去最多。張本は初めてメダルを手にした。●フェンシング【金】男子エペ団体 見延和靖、宇山賢、加納虹輝、山田優 1回戦米国戦で最大8点差を大逆転して勢いに乗り、一気に頂点まで駆け上がった。フェンシング競技として日本勢初の金メダル。●バスケットボール【銀】女子 決勝で大会6連覇中の米国に屈したが堂々の銀メダル獲得。日本チームが表彰台に立つのは史上初。日本バスケットボール界に新たな歴史を刻んだ。●バドミントン【銅】混合ダブルス 渡辺勇大、東野有紗 日本勢としてこの種目で初のメダル獲得。中学時代から10年間ペアを組んできた2人のコンビネーションが大舞台で花開いた。●柔道【銀】女子48kg級 渡名喜風南 女子48kg級・渡名喜風南は惜しくも決勝でコソボのディストリア・クラスニチに敗れたが、今大会で日本人選手のメダリスト第一号となった。【金】男子60kg級 高藤直寿   男子60kg級の高藤直寿は、日本勢で今大会初となる金メダルを獲得。60kg級ではアテネ五輪の野村忠宏以来、17年ぶりの金メダルとなった。【金】女子52kg級 阿部詩【金】男子66kg級 阿部一二三【銅】女子57kg級 芳田司【金】男子73kg級 大野将平【金】男子81kg級 永瀬貴規【金】女子70kg級 新井千鶴【金】女子78kg級 濱田尚里【金】男子100kg級 ウルフ・アロン【金】女子78kg級 素根輝【銀】混合団体 原沢久喜、田代未来、向翔一郎、ほか 今大会からの新種目。柔道発祥国としての威信をかけて優勝を目指したが、9個の金メダルを獲得した個人戦での勢いをつなげることができず、決勝で敗北。主将の大野将平は畳に上がることなく銀メダルに終わった。●レスリング【金】フリー女子50kg級 須崎優衣 開会式では旗手を務めた「東京五輪の申し子」。1回戦から決勝まで、すべてテクニカルフォール勝ちという圧倒的な強さを見せつけた。 レスリング・フリー女子53kg級で金メダル獲得の向田真優 (写真/日本雑誌協会代表撮影:高原由佳) 写真37枚 【金】フリー女子53kg級 向田真優 2016年のリオ五輪で吉田沙保里が4連覇を阻まれた階級で、初出場ながら優勝を果たす。吉田の後継者として期待されている。 レスリング・フリー女子62kg級で金メダル獲得の川井友香子 (左)、フリー女子57kg級で金メダル獲得の川井梨紗子(写真/日本雑誌協会代表撮影:渡部薫) 写真37枚 【金】フリー女子62kg級 川井友香子【金】フリー女子57kg級 川井梨紗子 リオ五輪63kg級女王の梨紗子は吉田沙保里、伊調馨に次ぐ史上3人目の五輪連覇。妹の友香子との姉妹ダブルの金は、夏季五輪競技では日本勢初となる快挙となった。【銀】グレコローマン男子60kg級 文田健一郎 1984年のロス五輪以来となるグレコローマンスタイルでの優勝を狙ったが一歩及ばず。試合直後のインタビューで無念の涙を流した。【金】フリー男子65kg級 乙黒拓斗 2018年の世界選手権で日本男子最年少となる世界王者。決勝では残り15秒でタックルを決め、逆転での金メダル獲得となった。【銅】グレコローマン男子77kg級 屋比久翔平 2回戦で敗れたものの3位決定戦に出場。先制ポイントを奪われるも攻め続け、テクニカルフォール勝ちでメダルを獲得した。●ボクシング【金】女子フェザー級 入江聖奈 鳥取県に初の金メダルをもたらす。「カエル好き」や「オリンピック出場は最初で最後」発言でも注目を集めた。【銅】男子フライ級 田中亮明 今大会ボクシング男子唯一のメダリスト。弟で3階級制覇を達成したプロの田中恒成と練習を積み重ねたという。【銅】女子フライ級 並木月海 2018年の世界選手権で活躍し、メダル候補と期待された。準決勝で判定で敗れたものの、早くも次大会に意欲を燃やす。●体操【銀】男子団体 萱和磨、谷川航、北園丈琉、橋本大輝 初出場の4人でリオ五輪に続く連覇に挑んだものの、わずか0.103点で敗れた。3年後のパリ大会での雪辱を誓った。【金】男子種目別あん馬 萱和磨【金】男子種目別鉄棒 橋本大輝【金】男子個人総合 橋本大輝【銅】女子種目別 ゆか 村上茉愛 H難度の大技「シリバス」を決めるなど高得点をマーク。体操女子のメダルは、前回の東京大会以来57年ぶりで、個人種目では初。●空手【銀】女子 形 清水希容 五輪での初競技。全日本選手権7連覇、世界選手権2連覇の女王は、決勝で宿敵のスペイン選手に競り負け、惜しくも銀メダルに終わった。【金】男子 形 喜友名諒 2018年2月を最後に国際大会で負けなしの絶対王者。五輪の新種目・空手の初代チャンプと同時に、沖縄県民初の金メダリストとなった。【銅】組手男子75kg超級 荒賀龍太郎 新競技の空手の組手で日本人初の銅をもぎ取ったのは、素早い突き技から「スピードドラゴン」の異名で恐れられる荒賀だった。●サーフィン【銀】男子ショートボード 五十嵐カノア 今大会の新競技。準決勝では大技「エアリアル」を決めて高得点を叩き出したものの、金メダルには惜しくも届かなかった。【銅】女子ショートボード 都筑有夢路 台風の影響で前倒しで行なわれた3位決定戦で、荒れる海を相手にスピードに乗ったライディングを見せ、銅メダルを獲得した。●スケートボード【金】女子ストリート 西矢椛(左)【銅】女子ストリート 中山楓奈(右) 世界の大舞台でも臆することなく堂々とした滑りを見せた西矢(左)は、13歳330日で日本最年少の金メダリストに。一方、世界ランク11位の中山(右)も、ベストトリックで5.00の高得点をマークし、銅メダルを獲得した。【金】女子パーク 四十住さくら(中央)【銀】女子パーク 開心那(左) 今大会の新種目。宮崎県で生まれ育った英国代表のスカイ・ブラウン(右)と四十住は友人同士で「一緒に表彰台に立つことができてうれしかった」と語るなど、選手たちの仲の良さもクローズアップされた。【金】男子ストリート 堀米雄斗 アメリカを拠点に活動するトップスケーターが初代五輪王者に。テレビ中継での「ゴン攻め」「ビッタビタ」といった独特の解説も話題になった。●ウエイトリフティング【銅】女子59kg級 安藤美希子 最後の試技で120kgを挙げて銅を獲得。大会前に右膝にケガを負っており、一夜明けてのインタビューに車椅子で登場した。●陸上 男子20km競歩【銀】池田向希(左)【銅】山西利和(右) 17キロを過ぎた頃から山西、池田、イタリアのスタノ(中央)の三つ巴となったが、争いを制したのはスタノ。同競技での日本人のメダル獲得は初。●スポーツクライミング 女子複合【銀】野中生萌(左)【銅】野口啓代(右) 今大会からの新競技。2種目続けて3位となった野中が銀メダル。一方、3種目とも安定した結果を残して銅メダルを獲得した野口は、今大会を最後に引退を表明している。●自転車 女子オムニアム【銀】梶原悠未 落車というアクシデントに見舞われながらも自転車女子で初のメダル。3大会に出場した橋本聖子も果たせなかった快挙となった。●競泳 男子200メートルバタフライ 男子200メートルバタフライ で銀メダルを獲得した(写真/日本雑誌協会代表撮影:松永卓也) 写真37枚 【銀】本多灯 全体8位で進出した決勝で自己ベストを更新し番狂わせを演じた。日本勢はこの種目でアテネ五輪以降5大会連続のメダル獲得。◆「東京オリンピック雑誌速報写真展」がキヤノンギャラリー銀座(8月17~21日)、キヤノンギャラリー大阪(10月5~9日)にて開催。・開館時間・開館日が変更する場合があるため、キヤノンギャラリーウェブサイトにて要確認。・今回の特集は「東京オリンピック雑誌速報写真展」の作品を中心に構成しましたが、展示されない写真も含まれています※週刊ポスト2021年8月27日・9月3日号
2021.08.16 07:00
週刊ポスト
ロンドン五輪金の小原日登美
ロンドン五輪金の小原日登美 吉田沙保里という壁との戦い
 世界選手権8度の金メダルに輝きながらも、なかなか五輪出場が果たせなかった小原(旧姓・坂本)日登美(39才)。大きな挫折やライバルたちの壁に阻まれ、何度かマットを降りた彼女が、再び五輪出場を目指し、2012年ロンドン五輪金メダルに輝くまでの奇跡の物語を追った。「私がレスリングを始めたのは小学3年生のとき。3才下の弟が通っていた『八戸kidsレスリング教室』が楽しそうで始めました。 ここの方針は勝ち負けよりも、レスリングを通して礼儀や人として大切なことを学んでほしいというもので、なかでも“あいうえおの5つの約束”を、毎回、練習の終わりにみんなで大きな声で言っていたのが忘れられない思い出です」(小原・以下同) その“あいうえおの5つの約束”とは、こんなものだ。あ…あいさつは聞こえるようにハッキリと。い…いじめとけんかはしません。う…嘘は絶対につきません。え…笑顔で頑張ります。お…お父さんとお母さんのいうことは聞きます。「これは人間形成の上で大事な教えなので、いまでも大切にしています」 その後、4才下の妹・坂本真喜子選手(35才)も同教室に通い始める。中学卒業後は、八戸工業大学第一高校に進学。だがレスリング部がなかったため、学校に相談してレスリング愛好会を発足させ、練習に励む。「女子は私だけだったので、男子と練習をしていましたが、どうしても体力的にはかないません。それでも必死で追いつこうと、早起きして、5kmの走り込みをしたり、近くの小学校の校庭の鉄棒で懸垂したり。でも、男子と練習をしていたおかげで、強くなるためにはどうすべきか、自分で考えられるようになりました」 練習場所がなくても、練習相手がいなくても、あきらめず、自暴自棄にならずに工夫して進む強さが、道を開いたのだ。 ひとりで地道に練習に励んでいた彼女に、ターニングポイントが訪れる。高校2年生のときに出場した全国高校生選手権の会場で、レスリングの強豪校として知られる中京女子大学(現・至学館大学)の監督の栄和人さん(当時)から声をかけられたのだ。「栄監督から『うちの大学に来ないか』と言われたのですが、監督の情熱がすごくて、話を聞いているうちに『この人についていけば、世界チャンピオンになれるかもしれない』と思いました。進路も決まり、さらに練習に打ち込めるようになったからか、翌年の全国高校生選手権50kg級で優勝することができてうれしかったですね」 高校卒業後は八戸を出て、栄監督のもとへ。1年目は栄監督が借りている寮で、同級生2人と先輩、後輩との共同生活をすることになった。「栄監督の方針は勝つためには人生のすべてをレスリングに捧げるというもので、練習もできるまでとことん行うため、夕方5時から夜10時までかかったこともありました。休日に友達と遊びに出かけているときにも電話で呼び出され、戻って練習をしたことが何度もあります」 それに監督は、寮で顔を合わせるとすぐにレスリングの話になるので、会わないようにしたりして(笑い)。朝から晩まで練習三昧のきつい日々でしたが、そのおかげで体力もつき、『絶対に勝つ!』という強い気持ちも持てるようになりました」 こうして着実に実力をつけた彼女は、2000年、念願の世界選手権51kg級で優勝する。この年、女子レスリングが五輪の正式種目に採用され、いよいよ、世界に!と思ったのも束の間、彼女の前に新たな壁が立ちはだかる。「五輪の女子レスリングの階級を見て愕然としました。私が出場していた51㎏級がなかったのです。何度見ても48kg、55kg、63kg、72kgの4階級のみ。私が五輪に出るには、階級を上げるか下げるしかありません。 でも48kg級には一緒に世界を目指していた妹がいます。だったら、55kg級に階級を上げればいいかというと、ここには当時、圧倒的な強さを誇っていた山本聖子選手(40才)と吉田沙保里選手(38才)がいました。 彼女たちを倒さない限り、五輪代表にはなれない。悩んだ挙句、姉妹で戦い、両親を悲しませるわけにはいきませんから、階級を上げることを決意し、勝つために食事量や体重を増やしました。でも、その壁は高すぎました……」 2002年、五輪選考でもあった全日本選手権で、吉田選手に開始24秒で敗退。そのショックから、うつのような状態になってしまう。「この先、何を目標にして生きていけばいいかわからなくなりました。実家に戻って引きこもり、お菓子ばかり食べているような生活になり、気がつけば体重が74kgまで増えました。見ている家族もつらかったと思いますが、父は気分を晴らそうと、休みごとに外に連れ出してくれました。それに、“姉の分も”と五輪を目指し続ける妹の姿にも励まされ、気持ちが徐々に前向きになっていきました」 家族の温かい励ましに、徐々にやる気を取り戻した彼女は、再びトレーニングを開始。体重を元に戻す。だが、復帰するまでに2年の月日が過ぎていった。「当時はとてもつらい日々でしたが、レスリングができること自体が幸せなことだと気づけました。人って負けることよりも、目標を見失うことの方がつらいのかもしれません。それに、本当に強くなるために、必要な経験だったと思います」【プロフィール】小原(旧姓・坂本)日登美(おばら・ひとみ)/1981年1月4日生まれ、青森県出身。2005年中京女子大学(現・至学館大学)卒業後、自衛隊に入隊。2000~2011年の間の世界レスリング選手権で8個の金メダルを獲得。2008年に現役を引退するも、2009年に復帰。2010年に1才下の後輩・小原康司さん(38才)と結婚。2012年にロンドン五輪のレスリング女子フリースタイル48kg級で金メダルを獲得。現在は自衛隊体育学校で後進の指導に当たる。6才男児と4才女児の母。取材・文/廉屋友美乃※女性セブン2020年12月17日号 
2020.12.07 11:00
女性セブン
YouTuber江頭2:50を応援して伝説を目撃(イラスト/ヨシムラヒロム)
YouTuber江頭2:50 ネットで「生ける伝説」となった理由
 放送禁止芸人のような位置づけだった大川興業所属の江頭2:50が、YouTubeで視聴者に大歓迎されている。初回では、江頭らしく「お尻習字」を披露したにも関わらず、評価の99%が「いいね」だった。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、日本人の個人としては最速でチャンネル登録者数100万人超えを達成した江頭 2:50はなぜYouTubeで超好感度高い芸人となっているのかについて考えた。 * * * 江頭 2:50のYouTubeチャンネル『エガちゃんねる』が好評である。設立から9日目にして、早くも登録100万人に到達。江頭 2:50は日本最速で”一流YouTuber”の仲間入りを果たした。動画の評価も高く、芸歴30年を超える江頭2:50は今旬を迎えている。 なにより、YouTubeデビューが「持ってる!」と言いたくなる絶妙のタイミングだった。チャンネル開設の2月1日は、謹慎から復帰した雨上がり決死隊の宮迫博之がYouTubeデビューした1月29日の衝撃がまだ続いていた。このような状況になれば、視聴者は2人の芸人の動画をいやでも見比べてしまう。そして、江頭と宮迫の笑いに対する向き合い方の違いに気づく。 宮迫の動画はアンチに苦言を呈することが多い。切羽詰まった状況ゆえ、一般視聴者にマウントをとるような言動を繰り返す。対して、江頭は「全くネットは観ない!」と語る。スタッフから動画の反響を知らされても「すごいねぇ」と笑うだけ。あまり視聴者の目を気にしていない。「99人に嫌われても1人が笑ったら勝ち」、これが江頭の変わらぬスタンスである。テレビに出始めた頃、そしてYouTubeでブレイクした今もブレていない。 YouTuber宮迫と時を同じくして登場して比較された結果、江頭は多くの賞賛を集めた。しかし、本来は一般的に賛よりも否を集めてきた芸人である。テレビにおける使われ方の定番は、スタジオに現れるなり暴走し、客席にダイブ。お昼の生放送『笑っていいとも!』にゲスト出演した際、レギュラーの橋田寿賀子に突然キスをしたこともある。当然、女性人気は低く「気持ち悪い」といった低評価を受けていた。 だが一方で、ネットでの江頭は昔から高評価である。江頭2:50の伝説をまとめた有名なテンプレートがあり、それが口伝えのように広まっていった。テレビで見たことはないが、その伝説だけは知っている人も多い。元来、ネットとの相性は良い芸人であった。 それを受けてだろう、『エガちゃんねる』の3本目の動画はネット上で噂されている江頭2:50の名言を検証する企画だった。疑わしい数々の名言を聞いた江頭は「ネットの世界ってギャップを楽しんでいると思うんだよね」と分析。破天荒な芸風の江頭 2:50に美しい名言を言わせることにおかしみがある、と話す。 確かに近年、ネガティブなキャラクター性で売れていたタレントがポジティブキャラに転向することは多い。筆頭が出川哲朗で、女性週刊誌の名物企画「抱かれたい男ランキング」とあわせて実施される「抱かれたくない男」のタイトルホルダーとして人気を集めてきた。「抱かれたくない男」としての人気は今でも不動のようだが、昔と比べた際、好感度は段違い。テレビから垣間見える出川の気づかいに視聴者が反応する時代となった。タレントの「神対応」がしょっちゅうネットニュースになっている。今のタレントは芸と共に人間性も問われている。 人間性といった部分において、江頭ほど厚みのある芸人は多くない。それを証明するかの如く、『エガちゃんねる』のメッセージ性は強い。1本目の動画の冒頭、彼はカメラに向かってこう叫んだ。「死にたくなったらコレを見ろ!コレを見たら死ぬのがバカバカしくなるから!」 江頭は視聴者に苦しいことがあっても「生きろ!」と伝える。普通の人が言えば、鼻で笑われるセリフだ。しかし、かつての人気番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ)で「笑いのためなら死ねる数少ないサムライ芸人」と呼ばれた江頭2:50が言うなら、信用できる。バラエティ番組の「水中息止め企画」で4分13秒間潜り、失神したこともある彼の言葉は重く深い。 また、多くのタレントを悩ませるアンチが少ないことも江頭の強み。アンチの多くは嫉妬といった感情から生まれる。非難する対象にどこか羨ましさを持つ人がアンチとなる。僕もテレビで楽しそうにしているタレントやYouTuberを観て無責任に「楽に稼いでいいなぁ……」と思うことがある。楽勝にやっているように見せることも芸のうち、と気づかない。能力以上の評価を受けている、と勘違いしてしまう。そして妬み、嫉む感情がわいてきて、昔ならテレビの前で、今ならネットで好き放題な言葉を投げつける。 だが今、江頭に嫉妬する人はいない。なぜなら、彼は「自分にもできそう」と思わせるようなことを決してしないからだ。1本目の動画では尻に筆を突き刺し、震えながらチャンネル名を書道した。2本目の動画ではペットボトルロケットを股間で止めた。バレンタインデーに更新された動画では、コーヒーチェーンの英語綴りを正確に書くクイズにチャレンジ、ことごとく失敗し、罰ゲームとして口にくわえたシュノーケルから正解できなかったチェーンのコーヒーを注がれ熱さに吹き出していた。 これらを観て、誰が「楽そうだなぁ」と勘違いできるだろうか……。視聴者は挑み続ける芸人・江頭2:50を尊敬する。そして「いつまでも活躍してほしいし、活動費もカンパしたい」と願い、チャンネル登録ボタンをクリックする。動画のコメントにはたびたび「いつもなら広告スキップするけど、エガちゃんねるの広告は最後まで見る」というサポーター宣言が書き込まれる。 YouTubeにおけるチャンネル登録とは、無料ファンクラブへの入会みたいなもの。匿名かつ気軽にできる点が魅力だ。周囲に「自分がエガちゃんのファン活動をしている」と知られる心配もない。そして、SNSやコメントでサポートすることに喜びを感じられる。『エガちゃんねる』が爆発的人気を得られた理由の一つとして、周囲の目を気にせず本心をうちあけられるSNSという媒体が関係している。 今、視聴者は芸人・江頭2:50の代名詞である「レギュラーよりも一回の伝説」をリアルタイムで体験している。ネットで広まっている江頭の伝説は、今の言葉で置き換えると”バズる”といったところか。生で伝説の目撃者となる恍惚は、テレビよりも距離が近いYouTubeでより顕著になった。そして、視聴者も伝説を共に作っている。 チャンネル登録数100万人達成までのスピードが女優でモデルの本田翼の記録を超えた。『「ぷっ」すま』で長年共演していた草なぎ剛のYouTubeチャンネルと同日にチャンネル登録数100万人達成した。これらは視聴者が参加したことで誕生した新たな江頭伝説である。そして過激な動画ゆえに広告審査に落ちる、これも同様に伝説だ。 ただし、江頭2:50は高評価のまま終われない天邪鬼な芸人。いつか、自らの手で視聴者を裏切るようなことをしでかすだろう。トルコで過激なパフォーマンスを披露したことにより強制送還され、国際問題になりかけたこともある。日本でもイベント中、アクシデントではあったが全裸になり書類送検された経験を持つ。 伝説とやらかしを振り子のように行き来する江頭2:50! 今後も予想できない動画を作っていくことだろう。●ヨシムラヒロム/1986年生まれ、東京出身。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。イラストレーター、コラムニスト、中野区観光大使。五反田のコワーキングスペースpaoで月一回開かれるイベント「微学校」の校長としても活動中。著書に『美大生図鑑』(飛鳥新社)
2020.02.15 16:00
NEWSポストセブン
競泳のエース・瀬戸大也も金メダルの期待がかかる(GettyImages)
東京五輪 お家芸の柔道以外で金メダルを狙える競技は?
 東京五輪で興味が集中するのは、やはり日本勢がどこまでメダルを獲得できるかだ。世界的なスポーツデータ分析会社である米「グレースノート社」が東京五輪のメダル予測を行ったところ、日本は金30個という前回リオ五輪の金12個を遙かに凌ぐ大躍進の数字が出た。なかでも、柔道は新設される混合団体を含めた15種目のうち13種目で金と予想されている。ちなみに銀は23個で銅は11個で合計64個だ。 一方で、金30個のうち13個が柔道に集中するという予想は、他の“お家芸”の展望が必ずしも明るくないことも意味する。「過去の五輪結果を見ると、日本は柔道、レスリング、体操、競泳の4競技で金メダルを稼いできた。リオでは金12個のうち11個がこの4競技でした(柔道3、レスリング4、体操2、競泳2)。柔道以外の3競技は前回から金メダルを積み増せない可能性がある」(スポーツジャーナリスト) レスリングは吉田沙保里が引退し、五輪4連覇中だった伊調馨も出場を逃した。その穴をどこまで埋められるかが課題だ。昨年の世界選手権を制した女子フリースタイル57kg級の川井梨紗子、男子グレコローマンスタイル60kg級の文田健一郎に期待が集まる。「体操も、リオで個人総合の金を獲った内村航平が、世代交代の波のなかで昨年10月の世界選手権の代表から漏れた。ロシアや中国が台頭したこともあり、個人の種目別を含めて世界選手権で金メダルはゼロ。体操競技のなかで金に最も近いのはトランポリン女子の森ひかるでしょう。 競泳は女子のエース・池江璃花子が白血病で療養中。リオの男子400m個人メドレーで金を獲った萩野公介がスランプに陥っている。個人メドレーやバタフライでの瀬戸大也に期待が集中することになる」(同前) グレースノート社の予測でも、瀬戸は日本選手で唯一、「個人で金2つ」となっている。 これまでの“お家芸”と入れ替わるように、金メダル候補が次々と現われた競技もある。陸上の「競歩」がその代表格だ。スポーツ紙の五輪担当デスクがいう。「リオでも荒井広宙が男子50km競歩で銅を獲得したが、今回は男子20kmの山西利和、同50kmの鈴木雄介が昨年の世界陸上で優勝。札幌へのコース変更による高速化の影響が懸念されるが、金メダル最有力候補であることに変わりはない」 同じく“世界王者”では、バドミントンの男子シングルスの桃田賢斗の名も挙げられていたが、1月に遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれ、最近になって右眼窩底を骨折していたことが判明。2月8日に手術を受けて全治3ヶ月と診断されており、五輪への影響が心配されている。 2008年の北京五輪以来の正式種目となった女子ソフトボールは、37歳になったエース・上野由岐子がチームを引っ張る。男子の野球とともに、グレースノート社は金メダルを予想する。「卓球はシングルス男子の張本智和、女子の伊藤美誠が圧倒的な強さの中国勢に対し、ホームの大声援を受けてどれだけ対抗できるかが注目です。新設された混合ダブルスでは、昨年の世界選手権2位の吉村真晴、石川佳純ペアではなく、水谷隼と伊藤が組むことに内定。それだけレベルの高い争いを勝ち抜いた選手が代表となっている。前回のリオで銅の女子団体を含め、金は厳しいかもしれないが、メダルラッシュの可能性はある」(前出のスポーツ紙デスク) 女子テニスでは昨年、世界ランク1位となった大坂なおみが日本国籍を選択して東京五輪に臨むが、連覇を目指した全豪オープンは3回戦敗退に終わり、世界ランク10位まで後退。グレースノート社の予想でも4位となっており、夏までの復調が待たれる。※週刊ポスト2020年2月21日号
2020.02.11 16:00
週刊ポスト
志學館と至学館…他 いかにも混同しそうな大学名【中級・上級編】
志學館と至学館…他 いかにも混同しそうな大学名【中級・上級編】
 いよいよ受験シーズンは本番に突入。試験の出来が悪ければ合格できないのは当然ですが、それ以前にまず試験会場にたどり着かなくてはいけません。信じられない人もいるかもしれませんが、毎年必ず試験会場を間違える受験生が存在します。 会場を間違える大きな要素として挙げられるのが、日本全国に、驚くほど名前が似た大学がたくさんある点です。「初級編」の記事では「東京農業大学・東京農工大学」「関東学院大学・関東学園大学」「中央大学・中央学院大学・中京学院大学・中京大学」などを紹介しましたが、まだまだ危険な組み合わせは存在します。【危険度☆☆】●東京都市大学 首都大学東京 大学名を変えたことで、名前が似通ってしまった2校。「武蔵工業大学→東京都市大学」「東京都立大学→首都大学東京」と改名したことで、にわかに混同されるようになってしまいました。まもなく首都大学東京は、東京都立大学に名前を戻し、おなじみの「都立大」という名称が復活しますが、今度は東京都市大学と東京都立大学で、またしても混同される可能性があります。なお、東京都立大学の最寄り駅は「都立大学駅」(東急東横線)ではありません。●東洋大学 東洋学園大学 名前はもちろん、キャンパスまで非常に近いので危険なのがこの2校。ともに本部キャンパスは東京都文京区にあり、直線距離で2kmほどしか離れていません。知名度は東洋大学の方が高いので、東洋学園大学に行く際、タクシーを使ったり、道を尋ねたりすると、東洋大学に着いてしまう可能性は十分にありそうです。●武蔵大学 武蔵野大学 武蔵野学院大学 大学名のあり方を考えさせられるこの3校は、すべて東京およびその近郊。それぞれ練馬区、西東京市、埼玉県狭山市にあります。このほか都内には武蔵野音楽大学、武蔵野美術大学も存在し、武蔵大学と武蔵野音楽大学は歩いて数分で、最寄り駅も同じ。「武蔵」が付いたら要注意です。●国際基督教大学 国際教養大学 国際基督教大学は「ICU」と略されることが圧倒的に多いので、改めて漢字で書かれると、あまり知らない人は混同してしまうかもしれません。ICUは秋篠宮家の眞子さまや佳子さまが通った大学として知られていますが、秋田県にある国際教養大学は、小規模ながら教育関係者の間で注目されており、メディアで取り上げられることも多い大学。ちなみに国際教養大学の現学長は、元ICUの学長です。【危険度☆☆☆】●東京医療保健大学 東京医療学院大学 どうしても「似てる」という感想を持たざるを得ない2つの大学名。両校とも看護学科がありますが、歴史的には東京医療保健大学の方が古く、キャンパスは都内や千葉、和歌山などに点在。東京医療学院大学は多摩市にあり、2012年に開校したばかりの新しい大学です。●東京家政大学 東京家政学院大学 かなり紛らわしいのはこちらも同じ。片方が通称、片方が正式名称というわけではなく、まったく別の大学です。大学名も似ていますが、「家政」を掲げるだけあって、専門分野も当然似通っており、混乱に拍車をかけそう……。付属校も「東京家政大学附属女子高校」「東京家政学院高校」と、これまたややこしいことになっています。●清泉女子大学 清泉女学院大学 こちらは姉妹校同士という関係の2校。「女子大学」は東京都品川区の高級住宅街の中にキャンパスがある都内屈指のお嬢様女子大。「女学院大学」は、長野県長野市にあります。●志學館大学 至学館大学 どちらも「しがくかん」かと思いきや、前者は「しがくかん」で、後者は「しがっかん」。「しがくかんだいがく」と入力すると、どちらにも変換されるので、極めて危険です。救いがあるとすれば、志學館大学は鹿児島県、至学館大学は愛知県なので、実際に試験会場を間違えるケースは少なそうなこと。至学館大学はレスリングの名門校として知られており、吉田沙保里や伊調姉妹らも卒業生です。【番外編】●京都市立芸術大学 京都芸術大学 最後に現在、校名でホットな関係の2校がこちら。もともと京都には、京都市立芸術大学と京都造形芸術大学の2校があり、前者は「京都芸大」「京芸」などと呼ばれてきましたが、京都造形芸術大学が京都芸術大学に名前を変えようとしたことで、両校関係者のみならず京都市民からも困惑の声が上がっています。バトルは決着しておらず、今後の進展状況が注目されます。
2020.01.26 13:00
マネーポストWEB
【動画】吉田沙保里 イケメン2人と車でデート? 「バイバイ…」
【動画】吉田沙保里 イケメン2人と車でデート? 「バイバイ…」
 吉田沙保里さんと、2人の男性とのドライブの様子をキャッチしました。 1月中旬の午後8時、吉田さんが運転する高級外車がコンビニに停車すると、吉田さんとともに、2人のイケメン男性が下車しました。3人はコンビニから戻ると再び車の中へ。イケメン2人とデート!?と思いきや、車は30mほど進んだところで2人を下ろしました。 吉田さんは窓から顔を出すと、一瞬、名残惜しそうな表情をしましたが、「バイバイ」と手を振り、車を発進。吉田さんの知人によると男性らは恋人ではないそうです。
2020.01.19 07:00
NEWSポストセブン
後部座席から“デート相手”の荷物を下ろす吉田
吉田沙保里、年下イケメン2人を高級外車で送迎してあげる
「女性としての幸せは、絶対につかみたい」。こう語っていた引退会見からちょうど1年、吉田沙保里(37才)のドライブ“デート”をキャッチした。 1月中旬の午後8時、吉田の運転する高級外車の4WDが、都内の住宅街に停車する。ロングスカートにグッチのスニーカーを合わせ、艶やかなロングヘアをなびかせた吉田がコンビニエンスストアに向かうと、助手席から伊野尾慧似の男性が、後部座席からは増田貴久似の男性が降りて後に続いた。心なしか吉田の表情は明るい。 吉田は五輪3連覇を含む16大会連続世界一を達成し、国民栄誉賞や紫綬褒章などを受賞、「霊長類最強女子」と称されたスーパーアスリートだ。引退後は朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)のパーソナリティーに抜擢され、バラエティー番組にもたびたび出演、現役時代には見せなかった親しみやすいキャラクターで人気を博している。しかしその評判に、変化が見え始めたという。「芸能人との交友関係も幅広く、自分のインスタグラムに深田恭子さん(37才)との写真をアップするなど、その意外性から話題になりました。でもそれが度重なって、ちょっと“あざとい”と感じる人も出てきているようです。昨年7月に下着のCMモデルにも抜擢されましたが、その時も、“綺麗で驚いた”との声と、“吉田さんが手を出す仕事ではない”という批判めいた意見もありました」(テレビ局関係者) だがその一方で、プライベートは充実そのもの。吉田の周りには、常に人が集まってくるという。「明るくて面倒見がよく、人に頼まれたら断らない。いじられキャラも買って出るタイプだから、年齢や性別を問わず好かれるんです」(吉田の知人) 冒頭のシーンに戻ろう。約10分後、コンビニから出てきた3人は再び吉田の車に。イケメン2人との“デート”! どちらが本命なのか──ところが、わずか30mほど進んだところで急停車。車から男性2人が降りると、深々と吉田にお辞儀。運転席の窓から顔をニュッと出した吉田は、一瞬、名残惜しそうな顔を見せたが、「バイバイ…」と手を振り車を発進させた。「彼らはプライベートでつきあいのある年下の男の子たちです。恋人ではありませんよ。吉田さんは、自分で車を運転することが多く、友人を自宅まで送り届けることも珍しくはないんです」(前出・吉田の知人) 昨年12月、吉田はイベントで「幸せ前線が接近中」と書かれた大吉のおみくじをひき当てた。季節外れのおみくじだが、その前線はすぐそこまで来ているようだ。※女性セブン2020年1月30日号
2020.01.16 07:00
女性セブン
 リオ五輪バドミントン女子ダブルス金メダルの高橋礼華選手(左)と松友美佐紀選手(時事通信フォト)
タブーを検証、五輪競技別に存在する「メダルの価値」の違い
 ついに、五輪イヤーが幕を開けた。今夏、実施されるのは339種目。団体競技もあるので用意されるメダルの数は1000個を超える。その色は「金・銀・銅」の3色しかないが、実は競技ごとに様々な観点から“価値の違い”が存在するようだ──。ノンフィクションライターの柳川悠二氏がレポートする。 * * * 私の眼前には汗と涙で顔をぐしゃぐしゃにしながら、言葉にならない言葉で国民に謝罪する吉田沙保里(37)の姿があった。2016年リオ五輪。吉田は女子レスリング53kg級の決勝で敗れた。「申し訳ないです……日本代表の主将として、金メダルが獲れず、ごめんなさい」 4大会連続でメダルを獲得した吉田を批難する国民などどこにいようか。そうした思いに駆られる一方で、私は絶望に打ちひしがれる霊長類最強女子と、柔道女子48kg級の谷亮子(44)の現役時代とをだぶらせ、“五輪メダルの価値”について考えていた。谷は1992年バルセロナ、1996年アトランタこそ銀メダルに終わったものの、シドニー、アテネと金メダルを獲得。2008年の北京でも銅メダルを手にし、吉田を上回る5大会連続でメダリストとなった。 谷と吉田は共に長く第一線で活躍し、誰も追随できない金字塔を打ち立て、称賛されてきた。その両者が保持するメダルの価値は、いったいどちらが勝るのだろうか──。 まず、レスリングと柔道では、競技人口で大きな差がある。国内では女子柔道が約2万8000人(高体連専門部の登録数は約5000人)であり、女子レスリングは2000人未満(同276人)。実に10倍以上の開きがある。 世界的に見れば、レスリングは米国や旧ソ連圏に加え、同競技を国技とするイランなど中東の国々でも盛んだ。しかし、戒律によって人前での肌や髪の露出が禁じられたムスリムの女性が長く競技に参加できなかったこともあり、男子ほど広く普及しているとは言い難い。「競技人口=ライバルの多さ=金メダルの難易度」と単純に定義した場合、国内の予選を勝ち抜き代表になることも、五輪で世界の頂点を目指すことにおいても、その道がより険しいのは明らかに女子柔道である。7月24日開幕の東京五輪では、33競技、339種目で等しく「金」「銀」「銅」のメダルが授与される。各種目の競技人口はピンキリとはいえ、これまで日本では、メダルの価値に優劣をつけることはタブー視されてきた。 確かに、メダリストに貴賤はなく、オリンピアンは誰しも尊ばれるべき存在だが、女子レスリングと女子柔道を比較するまでもなく、メダルの価値というのは競技によって異なってくる。いわばメダルの禁断査定をしようというのが、本稿のテーマである。◆「競技人口は42人です」 ならば全世界で約77億人の人類の中から選ばれたアスリートが出場する五輪において、「ライバルの多さ」という観点から最も価値のあるメダルとは何か。真っ先に挙がるのは陸上競技の男子100mだ。特別な道具を用意する必要はなく、単純に最速の人間を決めるという明快な競技である。世界の子どもたちが一度は“かけっこ”の経験があるはずで、それが発展した形である100mの競技人口は全人類が対象という見方もできよう。 世界の競技人口で見た時に最大規模となる五輪種目は、バレーボールでおよそ5億人だ。次いでバスケットボールが約4.5億人。五輪におけるバレーやバスケは、プロアマを問わずトップ選手が参加する正真正銘の世界一決定戦といえる。 一方、競技人口が2.6億人という規模を誇るものの「五輪の金メダル=世界一」とは言えないのがサッカーだ。フル代表で戦うW杯とはレギュレーションが異なり、五輪では原則23歳以下という年齢制限がある。 同じように夏場の開催ではメジャーリーガーの参加が見込めない野球も五輪は、真の世界一を決する大会とは言い難い。国別対抗戦としては、シーズンオフに開催されるWBCやプレミア12の方が参加選手のレベルは上回る。 反対に、「国内の競技人口が少ない=五輪に出場しやすく、世界の競争相手が少ない競技」とは何か。各競技団体に問い合わせ、国内外の競技人口を調査した。回答のあった五輪種目で、最も少ないのは近代五種だった。「2019年12月に行なわれた日本選手権の出場者数が妥当と思われますので、欠席2名を含めた42名となります。二種、三種に比べて五種は(馬の厩舎代などに莫大な費用がかかる)馬術も入るので競技者の数も少なくなります」(日本近代五種協会) ただし、マイナーなアマチュア競技のほうが、メダルの“影響力”が大きいと見ることもできる。金ほどの輝きはないメダルでも、そのメダリストの人生を一変させるケースがある。 2000年のシドニー五輪では、岡本依子(48)が日本テコンドー初の銅メダル(女子67kg級)を獲得。その後、アテネ、北京と3大会連続で出場し、2015年から全日本テコンドー協会の理事に就任。2017年以降は、2019年に強化方針を巡る問題が勃発するまで同協会の副会長を務めていた。岡本はこう話す。「シドニーの頃はフリーターで、親族のほとんどがテコンドーを続けることを心配していた。それがメダルを獲得したことで、家族が安心してくれるようになった(笑)。メダリストになっていなければ、協会の副会長を務めることもなかったかもしれない。メダルによって、人の評価は変わるんやなと思いました。 2019年12月から協会は新体制でスタートし、私は理事から外れましたが、指導者の育成に貢献したい。啓蒙活動に従事するのは、メダリストの責任でもあると思います。現在1万人の国内競技人口を10万人にまで増やしていきたい」 岡本や、北京とロンドンのフェンシング・フルーレ個人・団体で銀メダルを獲得し、現在は日本フェンシング協会会長となった太田雄貴(34)のように、「金」以外のメダルでも高く評価される競技がある一方で「金メダル以外はメダルにあらず」なのが日本発祥の柔道だ。 2000年シドニー五輪女子57kg級の銅メダリストである日下部基栄(41)は全7階級で金5個、銀1個を獲得するという、日本の女子柔道の大躍進の2004年のアテネで、ひとりだけメダルを手にできなかった。現在、福岡大学女子柔道部の監督を務める彼女は、当時をこう振り返った。「帰国した時も、メダリストだけが会見に呼ばれて、私は一緒に福岡に帰る予定だった(谷)亮子先輩をひっそり待っているだけでした(笑)。左ヒザの前十字靱帯を断裂し、なんとかケガを乗り越えて五輪に出場できましたが、関係者以外にはそこまでの事情はわからない。周りは優しく接してくれたけど、恥ずかしくて、逃げ出したかった。当時、福岡県警に勤めていて、ネットなどでは『税金泥棒』などと叩かれました」 アテネの翌年、日下部はひっそりと引退し、福岡県警も退官した。◆1億円のボーナスも 夏季五輪と冬季五輪のメダリストに対し、JOC(日本オリンピック委員会)は一律で「金500万円、銀200万円、銅100万円」の報奨金を支払っている。この額は2016年リオ五輪からで、それ以前は「金300万円、銀200万円、銅100万円」だった。 また、JOCに加え各競技団体からも報奨金が支払われるケースも多いが、その額はまちまちだ。 最も高額なのは陸上競技で、金メダルは2000万円。さらにマラソンで日本記録樹立となれば、1億円のボーナスが日本実業団陸上競技連合から贈られる。2018年2月の設楽悠太(28)、同年10月の大迫傑(28)に続き東京五輪でビッグマネーを手にするランナーが現われて欲しいものだ。「メダルの価値=報奨金額」と定義するならば、ここでも陸上競技が頭一つ抜けていることがわかる。 次いで高額な報奨金を用意しているのがバドミントンや卓球で、「金1000万円、銀500万円、銅300万円」。バドミントンは女子シングルスでリオ銅の奥原希望(24)、卓球も女子団体で銅メダルを獲得した伊藤美誠(19)、石川佳純(26)ら、メダル候補を擁する競技だ。 マイナー競技ながら高額報奨金で目立つのは、東京五輪で新規採用される空手。男女の形と、男女各3階級の組手という計8種目の代表選手に対し、全日本空手道連盟は笹川尭会長の鶴の一声によって、「金1000万円、銀500万円、銅300万円」に設定された。大風呂敷を広げはしたものの、メダルの量産によってこれが空手形とならないことを祈るばかりである。 こうした太っ腹な団体に比べて、なんとも渋ちんなのがメダルが期待される体操で、「金50万円、銀30万円、銅20万円」だ。しかし、臨時ボーナスが出るだけましかもしれない。競泳や柔道、野球やサッカーでは、自国開催となる東京五輪でも報奨金がいっさい支払われないことが決まっている。 また、選手の所属企業やスポンサー企業からも報奨金が支払われるケースがある。リオ五輪の時に話題になったのは、陸上競技のケンブリッジ飛鳥(26)に対する報奨金だ。当時所属していた「ドーム社」の安田秀一社長自ら、「(100mで)日本人初の9秒台を出せば1億円出す」と公言。しかし、予選も準決勝も10秒台のタイムで、決勝進出も逃した。 4年に一度の五輪に毎回、多くの選手を派遣する企業の担当者はこう語った。 「選手がアスリート人生を賭けた結果に対する報酬ということで会社としては重要視しています。しかし、競技によって事情は違うから、ひとくくりにいくらという設定はできません。選手との契約の中身にも関わるので、どういう基準で報奨金の額を決めているかは公にはしておりません」◆「お金じゃない」は建前か 4年前のリオで112年ぶりに復活したゴルフでは、ジカ熱への懸念もあって、松山英樹(27)をはじめトップ選手の辞退が相次いだ。ゴルフの世界一を決する舞台といえば、マスターズなど4大メジャーであり、その優勝賞金はおよそ1億円強。賞金のない五輪よりも、シーズンの戦いを多くのゴルファーが選択した。 しかし、東京五輪に人一倍の意欲を見せているのがタイガー・ウッズ(44)だ。米ツアーで歴代1位タイとなる通算82勝(メジャー15勝)のウッズからすれば、唯一手にしていない五輪金メダルこそ、無償でも価値があるタイトルなのだ。 ウッズの例からもわかるように、メダルの価値はお金には換えられない。しかし、競技を続ける上で必要な費用をどう捻出するかという問題に直面しているアスリートもいる。昨年、テコンドーの代表選手が強化合宿への参加をボイコットする事態にいたったのは、強化合宿の自腹参加を協会が強制したことが背景にある。 JOCからの強化費は、メダルが有望な競技団体に重点的に分配されてきた。強化費が十分ではないマイナー競技では、“赤字”を出しながら競技を続けざるを得ない選手も少なくない。そうした負担は、メダルを獲得し、報奨金を得ることでようやく補填ができるというものだ。「オリンピックは参加することに意義がある」と言ったのは、近代五輪の父と呼ばれるクーベルタン男爵だが、様々な“価値判断”から「メダルを獲ってこそ意義がある」と考えている選手もいるのではないか。(文中一部敬称略)※週刊ポスト2020年1月17・24日号
2020.01.07 16:00
週刊ポスト
『イッテQ』で実績を作った木村佳乃
24時間テレビのマラソン「アンカー木村佳乃」のサプライズか
『24時間テレビ』(日本テレビ系、8月24~25日放送)のマラソンランナー発表は異例の連続だった。4人の駅伝方式(計168.78キロ)で、まず、いとうあさこ(49)とお笑いコンビ「ガンバレルーヤ」のよしこ(28)の名前が明かされた。残り2人も近日中に発表される見込みだが、さらなるサプライズが用意されているという。 そもそも駅伝方式というのも、段階的に発表されるというのも異例のことだ。その理由を日テレ関係者が語る。「例年5月末、遅くても6月中には発表されていました。100キロ以上を走るにはそれなりに練習期間が必要ですから早めがいい。当初から、視聴率が低迷していた『世界の果てまでイッテQ!』の出演者からランナーを輩出する方向は内定していました。日テレの基幹番組である『イッテQ!』を再度盛り上げるのが目的です。 その中で本命だったのは宮川大輔さん(46)で、本人にも打診していたはず。ところが、吉本芸人らを巡る闇営業問題が発覚。『24時間テレビ』は寄付を募って成立するチャリティー番組ですから、芸人が暴力団や詐欺集団などの“反社”から謝礼をもらっていたという構図は連想すらされてはいけない、絶対的なNG。宮川さんはこの騒動とは無関係ですが、闇営業問題で謹慎処分を受けた宮迫博之さん(49)らと近い関係であることから、思わぬ連想がないよう、急遽見送られたのだと思います」 結果、練習時間が少なくなってしまったために駅伝方式が採用されたと、この関係者は分析している。 残る2人について、インターネット上では、日テレ系の情報番組『ZIP!』の金曜メインパーソナリティに就任したばかりの吉田沙保里(36)や、元サッカー女子日本代表でタレントの丸山桂里奈(36)らが予想されている。練習時間が少ないため、元アスリートという選択はもっともらしいが、先の日テレ関係者はこう語る。「やはり『イッテQ』で固めると思います。そこでサプライズとして浮上しているのが、木村佳乃さん(43才)です。最近、木村さんは『イッテQ!』で芸人さんと体を張った共演をして、新しい一面を見せています。5月に1年ぶりに出演した回も高視聴率でしたし、『イッテQ!』の視聴率V字回復には必要不可欠な存在です。彼女が駅伝のアンカーとなり、ゴールの東京・両国国技館では夫の東山紀之さん(52)が待ち構える。最後は木村さんと東山さんが一緒にゴールし、メインパーソナリティの嵐が祝福するという絵が最高のフィナーレになると見ています」(前出・日テレ関係者) 果たしてビッグサプライズは実現するだろうか。
2019.07.16 16:00
NEWSポストセブン
東京五輪 「開会式で掲げる国旗」のお値段は合計3億~4億円
東京五輪 「開会式で掲げる国旗」のお値段は合計3億~4億円
 観戦チケットの抽選受付に応募が殺到し、いよいよ本番に向けてムードが高まってきた東京五輪。 開閉会式を演出する総合統括に狂言師の野村萬斎氏が就任するなど、パフォーマンスに注目が集まる。 その開会式や表彰式では、各国の「国旗」が選手団の先陣を切り高く掲げられる光景を目にする。競技場の整備などに数兆円と言われる莫大な予算が投じられる中、そこで使われる国旗のお値段はいかほどか。 1964年の東京五輪で組織委員会の国旗担当職員を務めた吹浦忠正氏が語る。「国旗は全参加国・地域分を開催国が用意します。1枚3万~4万円で、2020年大会では1万枚以上作ります。 1964年当時は、生地や染料、色合いなどを参加国の了承を得て決めましたが、2016年のリオ大会以降、国際オリンピック委員会が決めた仕様で製造されるようになりました」 最大で3か月間にわたって外気に晒されることを想定し、劣化が少なく燃えにくい素材が使用される。 ちなみにシンプルなデザインの日の丸も、複雑でカラフルな国旗も制作費は基本的には変わらないというが、国旗だけで3億~4億円とは、さすがスポーツの祭典だ。※週刊ポスト2019年6月7日号
2019.06.03 15:00
マネーポストWEB
世界に誇るイチローが最終ランナー?(Sipa USA/時事通信フォト)
東京五輪の最終聖火ランナー 915人調査結果と大本命の名
 東京五輪まで1年あまり、早くも日本中がお祭りムードに包まれつつある。5月9日に観戦チケットの申し込みが始まると、専用サイトには初日だけで130万人が殺到し、アクセスできなくなる事態が発生した。最も人気が集中すると見られるのが、「開会式」である。「狂言師の野村萬斎氏が演出統括を務め、伝統芸能から最先端カルチャーまでを融合したインパクトある演出が期待される。なかでも注目は、誰が聖火台に火を灯す最終ランナーを務めるかです」(テレビ局スポーツ担当) 聖火は来年3月12日、ギリシャのオリンピアで採火され、20日に宮城県に到着する。岩手、福島を含む東日本大震災被災3県で「復興の火」として展示されたあと、福島・Jヴィレッジからリレーをスタート。7月24日の開会式まで、47都道府県を約1万人が繋いでいく。 開会式で聖火台に点火する最終ランナーは、歴代その国を代表するアスリートが務めてきた。1996年アトランタ五輪でモハメド・アリがパーキンソン病の震える手で点火した瞬間など、数々の名場面が記憶に残る。日本では1964年東京五輪で陸上選手の坂井義則氏が、1998年長野五輪でフィギュアスケートの伊藤みどり氏が最終ランナーを務めた。 来年は誰がその大役を担うのか。スポーツ紙東京五輪チーフキャップはこう語る。「最終ランナーは当日まで秘密にされるのが慣例ですが、森喜朗会長はじめ五輪組織委員会がすでに候補者を絞り込み、国や東京都と調整中と聞いています。 3月には聖火リレーを盛り上げる公式アンバサダーに、柔道五輪3連覇の野村忠宏が就くと発表されました。彼は最終ランナーの有力候補とされていただけに、“ではいったい誰になるんだ”とさまざまな名前が飛び交っています」 前回の東京五輪では、最終ランナーをめぐり朝日や毎日など各新聞社が取材合戦を展開。朝日が有力候補の一人だった坂井氏を広島から連れ出し、自社のセスナで国立競技場まで運んで事前に写真撮影したことで物議を醸した。 国民の関心も高まっている。本誌が「最終聖火ランナーにふさわしいと思う人」を915人を対象にアンケート調査したところ、1位は断トツでイチロー。以下、高橋尚子、吉田沙保里、羽生結弦、長嶋茂雄と続いた。「日本が世界に誇るアスリートと言えば、通算安打のプロ野球世界記録を持つイチローしかいない」(51歳・公務員男性)「小出(義雄)監督の葬儀で、改めてQちゃんは国民的スターだと実感しました。天国の監督のためにも、ぜひ新国立競技場を軽やかに走って点火してほしい」(60歳・主婦)「アメリカを象徴するのがモハメド・アリなら日本はミスター。病気療養を乗り越えて長嶋さんが聖火台に立ったらさぞや感動でしょう」(62歳・事務職男性)◆有名人ではない? 果たしてこの中から選ばれるのか。前出・スポーツ紙キャップはこう見る。「イチローの可能性は低いのではないか。野球の人気は日米に偏っており、五輪競技としても今回限り。長嶋さんも同様です。一方、Qちゃんは花形競技であるマラソンの金メダリストですから資格十分ですが、五輪組織委のアスリート委員長に就いている。運営側である組織委のメンバーから選ばれる可能性は低い。 JOC会長に就任予定の山下泰裕氏(柔道)や組織委スポーツディレクターの室伏広治氏(ハンマー投げ)も、同様の理由で外れるのではないか。組織委に肩書きのない女子レスリング3大会連続金の吉田沙保里さんや競泳で2大会連続金の北島康介さんが有力候補かもしれません。 ちなみに現役選手である大坂なおみ(女子テニス)は五輪出場ならば旗手を務める可能性が高く、羽生結弦(フィギュアスケート)は出身地・仙台での目玉ランナーだと見られています」 ベテラン記者の間では、1964年東京五輪のレジェンドの名が有力視される。「聖火ランナーには国の意向が大きく左右される。前回の東京五輪のような国家的一体感を演出するには当時のアスリートを出すのが一番。東京五輪の日本選手団団長で、東京を含む4大会に連続で出場し5つの金メダルを獲得した体操の小野喬さんは、87歳になる今もご健在です。ウェイトリフティングで五輪2連覇を果たした三宅義信さん、“東洋の魔女”と呼ばれた女子バレーチームなどもあり得るのではないか」(同前) スポーツ評論家の谷口源太郎氏は、選ばれるのは有名アスリートではない、と予想する。「被災者でスポーツと関わりのある人の中から選ばれるのではないか。前回の東京五輪で坂井さんが選ばれたのも、陸上の代表選考会では敗退したが、原爆投下の日に広島で生まれたという戦争からの“復興シンボル”としてでした。国は今回の五輪を復興PRに最大限利用するために、国民的スターよりも一般の人を選んだほうが効果的だと考えるのではないでしょうか」 聖火の到着を前にして、すでに国民の関心は“走り出している”──。※週刊ポスト2019年5月31日号
2019.05.21 07:00
週刊ポスト
新元号を発表する菅義偉官房長官(時事通信フォト)
あなたが「平成人間」か「昭和人間」かを判定する7つの問題
 今、われわれはまさに時代の境界線を生きている。こんな機会はめったにない。コラムニスト・石原壮一郎氏が考案した問題に答えて自らをカテゴライズしてみよう。 * * * あと20何回か寝ると「令和」です。平成も残りわずか。あなたの中には「平成」と「昭和」、どちらの影響が色濃く刻まれているのか。7つの問題で判定してみましょう。【問1】平成の流行語。次の3つの言葉が登場した順番として正しいのは?1.「おっはー」→「ハッスル!ハッスル!」→「オバタリアン」2.「ハッスル!ハッスル!」→「オバタリアン」→「おっはー」3.「オバタリアン」→「おっはー」→「ハッスル!ハッスル!」【問2】平成の出来事。郵便番号が7桁になった年と同じ年にあったのは?1.消費税5%に引き上げ2.長野冬季五輪3.「2000年問題」が話題になる【問3】平成のオリンピック。次のうちいちばん早く金メダルを獲ったのは?1.レスリングの吉田沙保里2.柔道の田村亮子3.マラソンの有森裕子【問4】昭和の流行歌。次の3つの演歌が登場した順番として正しいのは?1.「襟裳岬」→「矢切の渡し」→「天城越え」2.「天城越え」→「矢切の渡し」→「襟裳岬」3.「矢切の渡し」→「襟裳岬」→「天城越え」【問5】昭和の出来事。日本万国博覧会(大阪万博)と同じ年に起きたのは?1.三島由紀夫が自衛隊市谷駐屯地で割腹自殺2.日清食品が「カップヌードル」を発売3.アポロ11号が月面に着陸【問6】昭和のベストセラー。著者名が間違っているのはどれ?1.『おれについてこい!』(大松博文、昭和40年)2.『恍惚の人』(有吉佐和子、昭和47年)3.『限りなく透明に近いブルー』(村上春樹、昭和51年)【問7】昭和vs平成。未婚者の性体験未経験率、昭和62年と平成27年のデータ(国立社会保障・人口問題研究所「出生動向基本調査」より)を比べて、どう変化したか?1.男性も女性も、昭和62年のほうが未経験率が高い2.男性は平成27年、女性は昭和62年のほうが未経験率が高い3.男性は昭和62年、女性は平成27年のほうが未経験率が高い〈解答と解説〉【問1】3.「オバタリアン」は平成元年、「おっはー」は平成12年、「ハッスル!ハッスル!」は平成16年です。今も大切に使い続けている方も、もしかしたら少なくはないでしょうか。【問2】2. 郵便番号が7桁になったのは平成10年。長野冬季五輪と同じ年でした。消費税が5%に引き上げられたのは前年の平成9年。「2000年問題」は翌年の平成11(1999)年です。【問3】2. 田村亮子は平成12年のシドニー五輪で初の金メダルを獲得。吉田沙保里は平成16年のアテネ五輪が最初。有森裕子は平成8年のアトランタ五輪のメダリストですが、銅でした。【問4】1.「襟裳岬」は昭和49年、「矢切の渡し」は昭和58年、「天城越え」は昭和61年のヒット曲です。どの曲も貫録のスタンダードナンバーだけに、順番はわかりづらいですね。【問5】1. 日本万国博覧会(大阪万博)の開催は昭和45年。同じ年に三島由紀夫が市ヶ谷駐屯地で割腹自殺しました。アポロ11号の月面着陸は前年、「カップヌードル」の発売は翌年です。【問6】3.『おれについてこい!』は大松博文、『恍惚の人』は有吉佐和子でOK。『限りなく透明に近いブルー』は村上春樹ではなく村上龍です。そこは間違えないように気を付けましょう。【問7】2. 未婚者の性体験未経験率、男性は昭和62年が43.0%で平成27年が47.0%、女性は昭和62年が64.4%で平成27年が46.5%。男性は未経験率が高くなり、女性は低くなっています。〈判定その1〉7つの問題のうち、いくつ正解でしたか。●全問正解のあなた‐平成力も昭和力も完璧です。これまでの道のりにあらためて感謝しつつ、勢いよく令和に突入しましょう。●正解が4~6問のあなた‐これまでの道のりをあらためて振り返ることで、より力強く令和をスタートさせることができます。●正解が0~3問のあなた‐嘆くことはありません。これまでの道のりをしっかり確認することで、楽しく令和を迎えられます。〈判定その2〉【問1】~【問3】の「平成問題」の正解数と【問4】~【問6】の「昭和問題」の正解数を比較してみましょう。●「平成問題」の正解数が多い──あなたは「平成人間」です。新しい情報に敏感なのは大いに結構ですが、昔のことも忘れないようにしましょう。●「昭和問題」の正解数が多い──あなたは「昭和人間」です。昔の記憶を大切にすると同時に、新しめの情報も積極的にインプットしましょう。●両方の正解数が同じで2問以上──あなたは「昭和も平成もバッチリ人間」です。さらに知識を増やして、もっともっとパワーアップしましょう。●両方の正解数が同じで1問以下──あなたは「昭和的にも平成的にも将来が楽しみなタイプ人間」です。頑張れば頑張るほど成長できるでしょう。 せっかくの時代の変わり目です。自分はどんなふうに平成と昭和を過ごして来たのか、この機会に振り返ってみましょう。そうすることで、来たるべき令和を強く生き抜く力や勇気が湧いてくるはず。振り返ることはけっして後ろ向きな行為ではなく、自分自身や家族との関係を見つめ直しつつ、しっかり未来に立ち向かうための前向きな戦いです。 ちなみに、今回の問題を作るにあたっては『思い出を宝ものに変える 家族史ノート 平成と昭和の記録が明日の希望になる』(ワニ・プラス)を参考にしました。左に年表、右が書き込みスペースになっていて、自分と家族だけの一冊が作れる本です。僭越ながら、私が監修しました。10連休に家族で取り組んでみるもよし、親にプレゼントしていっしょに書き込むのもまたよし。コミュニケーションツールとして、ぜひご活用ください。【PROFILE】石原壮一郎(いしはら・そういちろう)/1963年三重県生まれ。『大人養成講座』『大人力検定』など大人をテーマにした著書多数。最新刊は『思い出を宝ものに変える 家族史ノート』(ワニ・プラス)。4月8日19時から東京・八重洲ブックセンターで、高木ブーさんをゲスト(ウクレレミニライブも!)に迎えて出版記念イベントを開催。
2019.04.07 16:00
NEWSポストセブン
村上佳菜子、バラエティー慣れすぎで浅田真央と共演不可?
村上佳菜子、バラエティー慣れすぎで浅田真央と共演不可?
「フィギュアにとって恋愛はマイナスにならない?」。3月1日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で松本人志(55才)にこう質問された、プロフィギュアスケーターの村上佳菜子(24才)。「人にもよりますけど、フィギュアに関してはヤッ…」と言いかけて一度は口をつぐんだが、さらに松本に、「(コーチと)スケート前に2人で目見つめあって…ああいうの恋愛感情なく?」と聞かれると、「…ある人もいましたね」と笑顔でぶっちゃけた。 こんな赤裸々トークの魅力もあって、村上はバラエティー番組で引っ張りだこだ。2017年4月に現役を引退。その2か月後に『昼めし旅~あなたのご飯見せてください~』(テレビ東京系)でバラエティーデビューすると、10月には『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)のレギュラーMCに抜擢された。「『メレンゲ』でメインMCの久本雅美さん(60才)にトークを絶賛され、以降仕事が増えました。ぶっちゃけキャラだけでなく、持ち前の人懐っこい笑顔や明るい性格、アドリブ力が評判です。今や月に10本以上のテレビ番組に出演しています」(芸能関係者) しかし、そのバラエティーへの適応力が、思わぬ逆風を生んでいるという。「スポーツ関係の特番が企画されると、もれなく村上さんの名前があがりますが、“彼女が出るなら浅田真央ちゃん(28才)は呼べないな”となることが多いんです。最近の村上さんの“バラエティー慣れ”が凄くて、他のOGや現役選手では明らかな格差が出てしまうからです。 2人は幼い頃から仲がよいのですが、昨年4月の『ボクらの時代』以降、共演はありません。この時、村上さんが真央ちゃんに芸能リポーターばりに恋愛観を根掘り葉掘り聞いていました。真央ちゃんから赤裸々トークを引っ張り出したのは村上さんの手腕ですが、それ以降は“共演NG”状態のようです(笑い)」(テレビ局関係者) 皮肉なことに村上のバラエティー需要が上がるほどに、スポーツ番組への出演が減る可能性があるという。「同じ状態なのが丸山桂里奈さん(35才)です。彼女はキャラが強すぎて、“元なでしこ”で揃えても、明らかに浮いてしまう(笑い)。村上さんや丸山さんと共演できるOGは澤穂希さん(40才)や吉田沙保里さん(36才)のようにバラエティーにも慣れている大物だけでしょうね」(前出・テレビ局関係者) その4人の共演、ちょっと見てみたい。※女性セブン2019年3月28日・4月4日号
2019.03.15 07:00
女性セブン
吉田沙保里、超高級タワマン引っ越し 婚活のために公表せず
吉田沙保里、超高級タワマン引っ越し 婚活のために公表せず
 現役引退から約2か月。レスリングの元女王・吉田沙保里(36才)は、東京五輪やスポーツ関連のみならず、さまざまなイベントやCMにひっぱりだこだ。 2月27日には、桂由美さんの新作発表会で、肩があらわになったウエディングドレス姿を披露。新郎役の武井壮(45才)にお姫様抱っこされ、かわいくはにかんだ。 その翌日には住宅情報誌『SUUMO』の「住みたい街ランキング2019 関東版」のイベントに出席したが、そこでの発言が関係者の間で波紋を呼んでいる。「住まいの話になった時、彼女が『(東京に拠点を移す)可能性はあります』と言ったんです。でも、彼女はすでに東京に“自宅”を持っているはずなんです。あるCM撮影後も広告代理店の関係者と合コンをし、“タックル”をかわされ、1人で都内のマンションに帰宅していましたから。彼女をよく知る関係者からすれば、『なんで隠すの?』という感じです」(イベント関係者) 現在、吉田はレスリングの女子日本代表コーチに加えて、出身校である至学館大学の職員という肩書も持つ。「至学館大学があるのは愛知県大府市。吉田の住まいは大学近くのマンションで、2018年8月にパワハラ問題で退職した栄和人コーチの隣室を購入しています。上京した時は、東京・北区のナショナルトレーニングセンターに泊まっていることになっています」(スポーツ紙記者) だが、実態は異なるようだ。「彼女が東京で寝泊まりしているのは、都心の一等地にあるタワーマンションです。母親が代表取締役を務めるスポーツマネジメントの会社名義ですが、実質的には吉田の家と言っていい。少なくとも一昨年末頃から頻繁に出入りし、都内での仕事が増えたこともあり、昨年からはほとんどこのタワマンに住んでいるようでした。 ただ最近になって変化がありました。別の場所に引っ越したと聞いています」(テレビ関係者)“新居”はさらに地価の高い都心のタワマンだという。「前の家よりも上階で、家賃もかなりグレードアップ。『SUUMO』のイベント時は、引っ越して間もない時だったそうです」(前出・スポーツ紙記者) だとしたら、イベントで「部屋探し」などについて話すことはいっぱいあったはず。なぜ「(引っ越す)可能性はあります」なんてお茶を濁すような言い方をしたのか。「ひと言で言うならマスコミ対策でしょう。“絶賛婚活中”の吉田は、マスコミの目を気にすることなく、合コンに励みたい。せっかく“お持ち帰り”に成功しても、マスコミにバレたら大騒ぎになり、結婚話が遠のいてしまいかねませんからね。彼女が常にタワマンに住んでいるのは、仲のいい深田恭子(36才)の助言と聞きます。セキュリティーがしっかりしたタワマンならバレにくいですからね」(前出・スポーツ紙記者) 攻撃一辺倒ではなく、防御も万全の吉田。今年こそ幸せを掴むか。※女性セブン2019年3月21日号
2019.03.08 07:00
女性セブン

トピックス

紺色のお召し物だった紀子さま
紀子さま、悠仁さまに「悪夢の再来」 宮内庁17cm包丁送付事件、同封便箋には皇族批判
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の告発に有名歌舞伎役者たちが大慌て 関係が露見すれば廃業は必至か
女性セブン
逮捕された「RYO&YUU」
「バレないように森の中で」公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」が語っていた野外動画撮影の“対策” 実際には公園、海岸でも裸に
NEWSポストセブン
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
NEWSポストセブン
ゴルフをする女性芸能人が増えている(左は小島、右は鷲見。ともに本人のインスタより)
タイトなウェア姿を投稿しまくりの小島瑠璃子と鷲見玲奈「ゴルフ女子」枠巡る熾烈な戦い
NEWSポストセブン
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
「定年までTBSに」先輩・吉川美代子アナが期待する安住紳一郎アナのこれから
週刊ポスト
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
逮捕された「RYO&YUU」
公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」、性的動画アップは「親公認」だった 22歳の女は愛知・香嵐渓で全裸に
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン