ライフ

ごみ清掃員芸人が教える正しい捨て方、「くるりポイ」はNG他

くるりポイとは(イラスト/はまさきはるこ)

 プラスチックごみによる海洋汚染の深刻化が世界中で問題視されるなか、日本でも今年7月からレジ袋が有料化。ごみ問題に対する意識もどんどん高まっている。そこで、正しくごみを捨てるための基礎的な知識を、現役のごみ清掃員であるお笑いコンビ『マシンガンズ』の滝沢秀一(43才)に教えてもらう。

◆こんな捨て方で大丈夫?

 知らず知らずのうちに間違った捨て方をしていないか、正しいごみ出しの基本をまずおさらい!

【マニキュアの容器は、資源ではなく「不燃ごみ」に出す】→〇

 びんを資源として「びんの日」に出すには、“汚れがない”状態で出すのが前提だ。「最近はすすいできれいになれば資源として出してもOKな自治体も多いですが、汚れが取れにくいマニキュアやオリーブオイル、ごま油などのびんは、不燃ごみに出した方がいいですね」(滝沢・以下同)。

【生ごみはなるべく触りたくないので、濡れたままで出す】→×

生ごみの80%は水分で、そのまま焼却炉に入れると火の温度を下げてしまうため、生ごみは水気を切って出すのが正解だ。「焼却炉内の温度が下がるとダイオキシンが発生し、環境汚染につながります。生ごみの水を切るのは、身近なエコ活動」。コンポストを利用し、生ごみを肥料に変えるのも対策の1つだ。

【段ボールはつぶさず、中にほかの紙類を交ぜて出す】→△

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン