• TOP
  • スポーツ
  • DeNA外国人枠争い、ソトとロペスのどちらかが二軍の可能性も

スポーツ

2020.02.08 16:00  週刊ポスト

DeNA外国人枠争い、ソトとロペスのどちらかが二軍の可能性も

ソトもポジションがない?(時事通信フォト)

 プロ野球の世界では、主力選手が移籍して、チームの再構成を迫られることがある。ラミレス監督率いる横浜DeNAベイスターズでは、長らく主砲としてチームを支えてきた筒香嘉智(28)が、大リーグタンパベイ・レイズへ移籍した。

 筒香の代わりに、メジャー通算33本のオースティン(28)を獲得。そこで勃発したのが熾烈な外国人枠争いだ。DeNA担当記者が語る。

「ラミレス監督は2年連続本塁打王のソト(30)とロペス(36)を一塁で併用するプランを示唆しています。4人の外国人枠のうち、救援のエスコバー(27)、パットン(31)の2人は勝利の方程式として不可欠な存在のため、ソトかロペスのどちらかが二軍で飼い殺される可能性がある。

 現状は2018年に41本塁打、昨季は43本塁打を打ったソトがリードしているが、ロペスも昨季31本塁打をマークしていて、選手から守備の信頼も厚い。ラミレス監督の決断に注目が集まっている」

※週刊ポスト2020年2月14日号

昨季31本塁打のロペス

関連記事

トピックス