ライフ

頭部MRI、心臓MRI、心エコー、眼底検査 いつ受けるべきか

MRIを受けるタイミングは?(GettyImages/時事通信フォト)

 健康診断や人間ドックで行なわれる検査は“適切なタイミング”で受けることで最大の効果を発揮する。それは「いつ」、そして「何年に1回」なのか──。

 加齢とともに、脳梗塞や脳出血といった「脳卒中」が心配になってくる。脳の血管が動脈硬化起こすことでリスクが高まるが、それをチェックするのが頭部MRI/MRA検査だ。日本脳神経外科学会専門医で鶴巻温泉病院院長の鈴木龍太医師の話。

「MRIは脳の断面図を写す検査で、脳梗塞を起こしている血管の詰まりなどが、白い影となって映る。一方、MRAは脳の血管を立体的に映し出すので、くも膜下出血の原因になる未破裂動脈瘤なども発見できます」

 東京国際クリニック院長の高橋通医師がすすめるのは、「50歳から」の受診だ。

「男性は55歳くらいからは動脈硬化に注意が必要になってくる。50代からは年に1回か、少なくとも2年に1回はMRIを受けたほうがいい」

 心臓MRI検査は、心臓の血管の動脈硬化を早期発見し、心筋梗塞などの予防に有効とされる。

「MRIに被ばくリスクはないので、肥満や喫煙、高血圧などがあり動脈硬化のリスクが高い人は3~5年に1回程度がよいのではないでしょうか。

 心筋梗塞の発症が多いのは60~70代。心臓MRIを受けて異常がなく、血圧をコントロールできていれば、80歳以降の再検査の必要性は低いでしょう」 (ナビタスクリニック川崎の谷本哲也医師)

関連キーワード

関連記事

トピックス

東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
ゴールラインを割りそうなボールに走り込む三笘薫(右手前)。ゴール後のビデオ判定は「三笘の1ミリ」と呼ばれる(時事通信フォト)
「三笘の1ミリ」「マラドーナの神の手ゴール」は“ビデオ判定の有無”が生んだ? それでもサッカー審判が「機械だけには任せられない」理由
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
カンボジアから移送され、羽田空港に到着した特殊詐欺事件の容疑者らを乗せたバス。2023年4月11日(時事通信フォト)
詐欺容疑の邦人逮捕が相次ぐカンボジア 特殊詐欺グループが拠点を置く事情
NEWSポストセブン
過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
問題となった「ほぼ裸」ポスターを貼る、モデルの桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン