芸能

神田松之丞改め伯山 美人講談師が語る「兄さん」の魅力

ラジオやテレビでも大活躍中(時事通信フォト)

 講談師の神田松之丞改め神田伯山(はくざん、36)の真打ち昇進・襲名披露興行が、11日の東京・新宿末廣亭の夜席を皮切りに1か月間行われる。『松之丞カレンの反省だ!』(テレビ朝日系)、『問わず語りの松之丞』(TBSラジオ系)など数多くのメディアで活躍する伯山の襲名イベントは世の注目度が高く、講談人気がさらに盛り上がることは必至だ。そこで講談界きっての美人講談師として人気の一龍斎貞鏡さん(34)に、「講談の魅力」を聞いてみた──。

 父が八代目一龍斎貞山、祖父が七代目一龍斎貞山という講談一家に育ち、2008年1月に入門した貞鏡さん。現在は講談師の身分「見習い・前座・二ツ目・真打ち」のうち二ツ目の彼女に、まずは「講談とは何か」を解説してもらおう。

「講談は史実にまつわる読み物を起承転結に沿って語ってお聞かせする芸能です。講談師は史実をベースにフィクションを織り交ぜて、針を棒のように誇張をして盛りまくり、さも自分が見てきたかのように話します。しかも何人もの登場人物を演じ分けて、リズムや語気の強さ、日本語の美しさなどでお客様を魅了する。講談は言葉の力だけでお客様の心に響かせるんです」(貞鏡さん、以下「 」内同)

 同じく一人の話し手が何人も演じ分ける落語との違いは何だろうか。

「よく聞かれる質問ですが、落語は会話を重視して会話で成り立っていく芸能で、講談は会話だけでなく、話の中に地の文という説明文が入ります。見た目も違っていて、東京の落語家さんはお座布団の上に座り、扇子や手ぬぐいなどの所作を交えて話しますが、講談師は高座に置かれた釈台という小さな机の前に座り、釈台を張扇でパンパンと叩きながらお話をします」

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン