国内

IOCは欧州貴族の集まり、相談なしに独断で事を進める集団

右から安倍首相、トーマス・バッハIOC会長、森喜朗東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長、小池百合子東京都知事(2019年7月)

 東京での五輪開催が決定したのが2013年9月7日。以来、トラブルが頻発し、開催反対を叫ぶ人も少なくない──。

◆IOCはヨーロッパ貴族の集まり

 五輪の起源は古代ギリシャにあるといわれるが、現代の形式になったのは19世紀末である。その礎を築いたのがフランスのピエール・ド・クーベルタン男爵で、その時に国際オリンピック委員会(以下、IOC)も発足した。

 IOCは国際機関の1つと思われがちだが、「実は国際スポーツを統括するNGO(非政府組織)に過ぎません」と、神戸大学大学院現代文化論教授の小笠原博毅さんは言う。

「IOCはそもそも、ヨーロッパの貴族階級の人たちが集まって作った団体です。決定権は開催する国になく、IOCが運営の主導権を握っているのです」(小笠原さん)

 気位高く、独善的な貴族階級を核とした集団ゆえ、何かを決定する際も、関係各所と相談・折衝することなく進めてしまうのだという。

 それを象徴的に表している出来事が、マラソンと競歩の開催地変更だ(昨年11月に東京から札幌へと変更)。その決定権は日本オリンピック委員会(JOC)や東京都にはなく、IOCにあった。関西学院大学社会学部教授の阿部潔さんは、IOCという組織のあり方についてこう指摘する。

「マラソンや競歩は、気温の低い早朝であっても、真夏の7月の東京で行うのは選手にとって危険だ、と競技現場をはじめ、各所から指摘され続けてきました。それでもIOCは動こうとしませんでした。

 が、昨年9月、ドーハで行われた世界陸上で、深夜にもかかわらず高温多湿の中で走った女子選手たちが次々と倒れ、全体の40%が棄権する事態となるに至ってようやく、IOCの委員たちが開催地に疑義を唱え始めたのです。そして、東京都としっかり議論することなく強権を発動し、札幌に変更してしまいました。あのように一方的な独断で事を進めてしまうのがIOCのやり方なのです」

※女性セブン2020年2月27日号

東京五輪の会場となる新国立競技場(写真/アフロ)

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン