芸能

キンプリ平野紫耀、苦労の私生活 両親の離婚と涙の手術室

King & Princeの平野紫耀は大ブレイク

 現在、もっとも人気があるイケメンと言われているのが、King & Princeの平野紫耀(23才)だ。女性ファッション誌の人気企画「国宝級イケメンランキング」で、2019年の上半期と下半期で2連覇、表紙を飾った雑誌は完売し、4月からはドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)で、Sexy Zoneの中島健人(25才)とW主演を務める。

 平野が魅了しているのは、ファンだけではない。阿川佐和子(66才)は読売新聞の連載小説『ばあさんは15歳』で、“好きになってしまった”と、ヒロインを一瞬で恋に落とす役どころで、平野を実名で登場させている。

 バラエティー番組に出演すれば、明石家さんま(64才)も惚れ込む天然ぶり。先月はさんま主演の舞台を平野が鑑賞に訪れた際には、さんまが楽屋に招き入れている。

 そんな老若男女から愛される令和最強男子の半生は、人知れぬ苦労に満ちていた。

 JR名古屋駅から電車で40分。閑静な住宅街を進むと、築30年を超える2階建ての木造アパートが見えてくる。こぢんまりとしたその建物が、平野の生家だ。

「両親と紫耀くんの3人で住んでいました。お母さんもかわいい人だけど、お父さんがすごくイケメンで紫耀くんにそっくり。仲はよかったんですけどね、弟が生まれた頃に両親が離婚したんですよ。紫耀くんは3才だったかな。そこから女手ひとつで子供2人を育てていました」(平野の祖母の知人)

 長男の平野は母親の不在時には弟のために料理をした。得意料理は納豆メニュー。栄養と節約を重視して考えた。

「それでもいつもおしゃれでした。子供にみじめな思いはさせたくないっていう、お母さんの考えがあったんじゃないかな。周りがキャラクターがついた服を着ている2才くらいの頃から、紫耀くんはシャツにデニム、足元はブーツで決めていて。ヒョウ柄の“つなぎ”なんかも着ていましたよ」(前出・祖母の知人)

辺りを警戒して店に向かう平野紫耀

昨年9月、憧れの先輩の1人、小栗旬の食事会に参加した平野紫耀

◆将来を決めた涙の手術室

 平野は幼児期に「川崎病」を発症し、大手術を受けている。川崎病は乳幼児に多く見られる血管の炎症で、心筋梗塞の要因にもなるが、原因は不明。激しい運動を医師から禁止されていた。しかし、彼の運動センスは幼少期から目を見張るものがあった。

「小学校に入学してすぐに、体力づくりのためにダンススクールに入りました。入った頃は激しい運動が禁止されていて、軽めに踊ることしかできなかったけど、センスは抜群。体力がついて、医師から運動の許可が下りて本格的に練習を始めると、才能が一気に開花した。名古屋でも注目されるようになり、平野くんはこの頃から、芸能界で活躍して家計を助けたいと口にしていました」(平野の知人)

 しかし、またしても体がストップをかける。小学4年生のときだ。

「1日7時間に及ぶ猛練習で、膝を痛めてしまったんです。アスリートが患うような症状で、また手術を受けることになりました。平野くんは、母親が医師と手術費用について話しているのを聞いてしまい、また迷惑をかけてしまったと泣いていたこともあった」(前出・平野の知人)

 膝は今も完治はしていない。コンサートでは痛みをこらえ、パフォーマンスすることもあるという。

※女性セブン2020年3月5日号

関連記事

トピックス

政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
女性セブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン