国内

コロナ騒動で注目、「欧米は人権意識が高い」という極端な考え

パリ郊外の日本食店への差別的書き込みを伝える「ル・パリジャン電子版」

 新型コロナウイルスが凄まじい勢いで世界中に広がり、人々を不安に陥れている。その影響で、ふだんは目立たない差別意識が露骨になってきた。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、コロナウイルス騒動でクローズアップされている人種差別と安全対策について考察する。

 * * *
 欧米でアジア系の人々が「コロナウイルス!」と呼ばれて差別される事態が起きている。たとえば、中国人が経営するパリの日本食店では、「コロナウイルス 出て行け ウイルス」とスプレーで落書きされた。アジア系の人々がSNS上で「私はコロナウイルスではない」と表明する運動も発生。それだけアジア系が虐げられているのだろう。これが自由・平等・友愛の精神なんですかねー(棒読み)。

 これを見ると“白人様”の中にはいまも多くの差別主義者がいるんだな、ということが分かる。あぁ良かった。欧米の人々こそ“人権意識が高い”と述べる一部日本人の極端さが浮かび上がるからだ。

 日本のリベラルと呼ばれる人々は北欧やフランス、アメリカ(トランプ支持層を除く)の民度の高さをネットで称賛する傾向がある。そして日本がいかにダメかをドヤ顔で主張するが、一部白人様の人権意識のなさに目をつぶるなよ。

 称賛の対象となる人物は恵まれた人生を送ってきた白人様たちということであり、これらの国の恵まれた人生を送っていない人の中には、移民や外国人に対しては良い感情を持っていない人も多い。

 私は1987年から1992年までアメリカで中高時代を過ごしたが、日本人へのバッシングはひどかった。当時の日本は経済的にアメリカに対して優位に立っていたため、いたくプライドを傷つけられたのだろうし、「黄禍論」は根深い。

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン