ライフ

16~18歳の中絶は年7000件 親は子供に性をどう教えるべきか

宋美玄氏がアドバイス

 学校で勉強や部活などに励み、友人や先生などと広く人間関係を築く。あるいは働いているなら、仕事の基礎を体に叩き込んでいるころ──そんな世代である16~18歳だが、少なからぬ女性が「望まない妊娠」で傷ついている現実がある。日本において学校での性教育が遅れていることはかねて指摘されてきたが、それをカバーするべきなのは他ならぬ「親」だという。

 新刊『産婦人科医 宋美玄先生が娘に伝えたい 性の話』(小学館)を上梓した産婦人科医の宋美玄さんはこう語る。

「厚生労働省の衛生行政報告例(2018年)によると、16~18歳女性の人工妊娠中絶は年間約7000件もあります。この背景にはさまざまな事情があるでしょう。ただ、多くの場合自ら望んで妊娠・中絶しているとは考えられません」(宋美玄さん。以下同)

 最近では、女子高校生の20%が「経験者」だという報告もある。妊娠の背景には、相手の男性に嫌われたくないという気持ちから、避妊具を使っていないケースが少なくないことも関係している。そのため妊娠のみならず、高校生の梅毒やクラミジアなどの性感染症患者も増加傾向にあり、将来、望んだ時に性感染症のキャリアだと妊娠しにくくなる危険性も指摘されている。

「家庭で性をタブー視していることも原因の一つだと考えられます。例えば、子供たちは性に関する情報を、友人や先輩、マンガやインターネットから得てしまいます。その中には過激なものや間違ったものが多く、正しい知識は親が教えるしかありません」

 生理中は妊娠しないなど、間違った知識で性交渉を行う人は大人でも多い。当然だが、妊娠の可能性はある。

「きちんと教えられる機会がないから、間違った知識で行為を行ってしまう。その結果、傷つくのは多くの場合、女性です」

 学校が性について教えてくれているのではないかと思い込んでいる親も多い。

「そもそも、日本では性に関して、国や学校から情報はほとんど発信されません。文科省が定める学習指導要領では、男女の体の違い、妊娠や月経の仕組みを教えても、最も肝心な“妊娠するための行為がセックス”だとは教えては“いけない”ことになっているのです。意外に思うかもしれませんが、小中学校の教育現場では“避妊”もNGワードなのです」 

関連記事

トピックス

熊本市内で自主トレを行っていた松田宣浩らだが……
巨人がソフトバンク退団の松田宣浩を獲得調査も「ムードメーカーとしての獲得はプライドを傷つける」の声
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ダークで魅惑的なミニーたちにやっと会えた!
板垣李光人と巡る東京ディズニーリゾート・ハロウィーン 3年ぶりに復活!
女性セブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン