国内

MARCH合格高校 川和、柏陽など神奈川公立勢が上位独占の訳

MARCHは志願者減らすも「安全志向」で難易度はアップ

MARCHは志願者減らすも「安全志向」で難易度はアップ

 コロナウイルスが猛威を振るう中、国公立大前期試験は大きな混乱もなく終わった。今年の入試も大詰めだ。

 今年の入試では大きな異変が起きた。国公立大、私立大とも志願者減となったのだ。国公立大志願者は昨年に比べて6.4%減で、難関の旧7帝大(北海道大、東北大、東京大、名古屋大、京都大、大阪大、九州大)すべてが志願者減だった。

 私立大も現段階で6%減で、14年ぶりの減少になりそうだ。早慶上理(早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大)とMARCH(明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大)すべてが志願者減。これはこの40年間で一度もなかったことだ。増えたのは難易度50未満の大学だ。

 これほどまで安全志向になったのは、来年から始まるセンター試験に代わる大学入学共通テスト実施への不安からだ。新テストの目玉ともいうべき民間英語試験の成績利用が延期、記述式問題の出題も見送られた。しかし、昨年の暮れの発表では遅すぎ、今さら志望校変更ができなかった。浪人を避けて現役での進学を望む受験生は、最後まで安全志向の志望校選びのままだった。

 その中でMARCHは、志願者合計で3万8525人、8.6%の減少となった。平均を上回る減少率で、敬遠する受験生が多かった。合格者数は113人増えたが、0.15%増にとどまり、数字上は入りやすい入試だった。強気にMARCHに挑めば、合格を勝ち取れる可能性も高かったと見られる。

 ところが、MARCH合計の合格者出身校別人数を見ると、大きな変化があった。安全志向の影響で上位高からの合格者が増えたのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
神田正輝を目撃
神田正輝の個人事務所が解散、引退説が浮上 直撃に本人は「今後は仕事を始末してから考えます」
女性セブン
映画『99.9』完成報告イベントに登壇した香川(2021年撮影)
香川照之が脚本変更、土下座を拒否していた!『六本木クラス』最終話のゴタゴタ
NEWSポストセブン
偉業を達成したヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
村上宗隆の弟・慶太が明かす 兄と「寿司100貫」食べながら見せた“気遣い”
NEWSポストセブン
落合博満氏を監督として招聘する球団は出てくるか(時事通信フォト)
もう「落合博満監督」は二度と見られないのか? 「今こそ古巣・ロッテが招聘すべき」の声
NEWSポストセブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
敏腕経営者に華麗に転身したローバー
深夜番組で一世を風靡したローバー美々が敏腕経営者に転身 コロナ禍で年商3倍に「私にしかできないことをやりたい」
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
誕生日は9月30日(写真/木村圭司)
声優・伊達さゆり ファンに祝ってもらった20歳の誕生日を振り返る「素敵な思い出になりました」
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
熊本市内で自主トレを行っていた松田宣浩らだが……
巨人がソフトバンク退団の松田宣浩を獲得調査も「ムードメーカーとしての獲得はプライドを傷つける」の声
NEWSポストセブン
2次選考を通過したのはこの4人!
【日本グラビアクイーンコンテスト】2次選考通過者4人を発表 いよいよファイナルへ
NEWSポストセブン