国内

新型コロナと認知症高齢者の闘い、サ高住も訪問自粛に

高齢者は感染リスクが高いと言われる(イメージ写真/アフロ)

 父が急死したことで認知症を患う母(85才)を支える立場となった『女性セブン』のN記者(56才)が、介護の裏側を明かす。

 * * *
 高齢者が新型コロナウイルスの脅威をかわすには、不用意に外に出ないのが、いまのところいちばん確かな方法だ。しかし、“外出こそ最高の認知症対策”をモットーにする母が、ずっと楽しみに待っていた観劇予定をどうするか。難しい選択を迫られた。

◆つねに「これが最後かも」 “今日を生きる”母の外出

 今年の年明けに、母が以前絶賛していた劇団の公演告知を見つけ、即チケットを取った。その劇団の公演は昨年も見に行ったのだが、上演後、俳優たちが舞台に出て来て芝居への熱い思いを語ると、母は前のめりになって大拍手。

「あの人たちは芝居が好きなのね、若いっていいわねー」と感動していた。「母は本当に認知症なのだろうか」と疑うほどの驚きとともに、“これが母の脳を刺激するツボだ!”とコツを得た気がして、ずっと次の公演を狙っていた。

 母はもちろん大喜び。前回の舞台や、挨拶に感激したことはまったく覚えていないが、久々の外出がうれしいようだ。

 チケットを取った日、世間では新型コロナウイルスで日本初の感染者確認(1月16日)のニュースが飛び交っていた。でも私には対岸の火事。この後、大混乱になることなど想像もしていなかった。

 そもそも母は丈夫なのだ。かぜくらいは医者に行かずに治すし、高齢になってから毎年インフルエンザの予防接種は受けるが特に警戒もしない。

「バカはかぜひかないのよ」と言うのが、母が認知症になってからの定番ギャグ。だから人より多少強気で“楽しいお出かけ”を優先させている。

 それに母も85才。元気そうだが、母を誘うお出かけには、いつも「これが最後かも」という思いがつきまとう。

 しかし、1月末にWHO(世界保健機関)が緊急事態宣言、2月1日には日本政府が新型コロナウイルスを指定感染症、検疫感染症に指定する政令を施行。観劇は3月1日に迫っていた。

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
当初「牛宮城」に反対していたという高橋社長(写真/小倉雄一郎)
人気YouTuberの“仕掛け人”Guild高橋将一代表 宮迫博之の復活プロデュース秘話「牛宮城はガチ」
NEWSポストセブン
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
ニューヨークの街を歩く小室夫妻
小室圭さん眞子さんの結婚に反対 参院選出馬の皇室系YouTuberに賛同する人たち
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
高須院長
高須克弥氏が語る最新美容医療「いかに気づかれず自然に変われるかが求められる」
女性セブン
代役をハマり役に変えた(時事通信フォト)
川口春奈の凛とした魅力 賛否両論渦巻く『ちむどんどん』で一服の清涼剤に
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン