国内

愛子さま、高校卒業でメディア対応 両陛下のご心配は杞憂に

卒業式へと向かわれる道すがら、集まった人々に丁寧にお辞儀をされていた(撮影/JMPA)

 東京の桜の満開が観測された3月22日、愛子さま(18才)が学習院女子高等科を卒業された。卒業式にともない、愛子さまはおひとりでメディアからの声がけに応えられた。

「長年、愛子さまの成長を見守ってきた侍従やベテラン記者は、その堂々とした立派なお姿に万感の思いだったといいます。

 女子中等科入学式のときには、“なんて答えればいいの?”とそばにいらした雅子さまに確認する様子も見られましたが、今回はおひとりで対応されることになりました。

 両陛下も、やはり一人娘の親ですね。初めてのことだけに、“きちんと受け答えができるかどうか”と気が気でなかったそうですよ」(皇室ジャーナリスト)

 もちろんそのご心配は杞憂だった。校門前に並んだカメラの前で愛子さまは、落ち着いた様子で受け答えをされた。

「はきはきと受け答えをされていて、マスク越しでもそのお声はしっかりと聞こえてきました。大勢の記者を前にしても動揺することなく、落ち着いたご様子。“充実した学校生活でした”などと自然な言葉でご自分のお気持ちを表現されていて、胸にこみあげてくるものがありました」(皇室記者)

 記者からの声がけを終えると、ほかの生徒に呼ばれるようにして、ポニーテールの髪を揺らしながら記念撮影へ。その表情は、「陛下の長女」から「人気者の高校3年生」へと一変した。校舎の前で後輩と思しき生徒からオレンジ色のガーベラなどで作られた花束やプレゼントを受け取ると、足取り軽く校舎の方へと向かわれた。

 卒業式が終わっても、なかなか学び舎を後にしようとされなかった愛子さま。《多くの素晴らしい友人に恵まれて、とても楽しく充実した学校生活を送ることができました》という言葉の通り、思い出が詰まった場所への別れを惜しまれていた。

 そうした愛子さまの着実なご成長を、両陛下もさぞかしお喜びだろう。しかし、おふたりのお姿は卒業式には見られなかった。

「新型コロナウイルス蔓延の影響があっても、卒業式そのものは保護者の出席が可能でしたし、両陛下も出席されるものと思われていました。

 しかし、世間では、卒業式が中止になった学校や、開催しても保護者が参加できない学校もありました。両陛下は、もし自分たちが卒業式に出席したら、それを見て複雑な思いを抱く国民もいるかもしれないとお考えになられたようです。国民の気持ちを考慮され、悩みながらも欠席を決めたのではないでしょうか。わが子の晴れ舞台を見たくても見られない多くの国民と同じ思いを共有することを、両陛下は選ばれたのです」(宮内庁関係者)

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン