ライフ

スタミナ深夜食堂 限定20食のあじフライと革新的もんじゃ

『ビッグコミックオリジナル』で連載中の『深夜食堂』では、毎回、料理にまつわる話が描かれる。作者・安倍夜郎氏がガイドする滋養強壮メシから、1日限定20食のあじフライと、栄養豊富な革新的もんじゃと鉄板焼きを紹介しよう。

■アジフライ定食(1300円)

1日限定20食、サクサク食感のあじフライ

・酒肴 新屋敷 東京都新宿区高田馬場2-2-15
営業日時…火~土:11時半~売り切り(限定20食・不漁の場合休業)/月~土:18時~22時(L.O.21時頃・要予約)
定休日…日

 あじの語源には諸説あるが、今日では「味がいい」からという駄洒落のような説が有力で、巷間流布されている。確かにあじは刺身でもいけるし、煮ても焼いても揚げても旨く、縄文の昔から日本人に愛されてきた魚だ。

 味もさることながら、あじには良質なタンパク質や疲労回復を助ける各種ビタミン類、血液をサラサラにして持久力向上にも効果があるEPA、脳の働きを活性化するDHAが豊富なうえに、青魚の中でもコレステロール値を下げるタウリンも多く含まれている。

 そんなあじをさばき、生パン粉をつけてふっくらジューシーに揚げた絶品あじフライを食べさせてくれるのが「酒肴 新屋敷」。

 使用するあじは長崎県の松浦漁港をメインに、20~25センチの刺身用天然真あじを厳選して仕入れているというこだわりようで、あじフライの認識が一変する格別の味わいだ。味はもちろん、栄養パワーも絶大で生活習慣病の予防にも効果的。天然海塩、梅醤油、オリジナルソースと好みの調味料で食べられる。

「鮮度にこだわるので、不漁時には提供できなかったり数が減ることがあります」と店主の池田隼人氏。その日の提供数はHPで公開している。

関連キーワード

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン