芸能

志村けんさん 萩本欽一と交わりかけていた「運命の糸」

「土曜8時」を戦った萩本欽一との縁とは(写真:時事通信フォト)

 同じ時代にコメディ界のトップを並走しながらも、志村けんさんと萩本欽一はあまり接点がないように思われるが、はたして、実際は──。新型コロナウイルスによる肺炎のため、志村けんさんが逝去してから1週間が過ぎた。各局の追悼特番は軒並み高視聴率を記録し、改めてその偉大さを実感させている。(文中敬称略)

 志村けんがコメディアンの道を志した昭和40年代前半、お笑い界にはザ・ドリフターズとコント55号が台頭し始めていた。志村はどちらに弟子入りしようか悩んだ末、高校卒業を控えた昭和43年2月、いかりや長介の家を尋ねた。

〈55号の動き回る笑いが好きだったんですが、ビートルズが好きだったんで音楽もあるドリフに行ったんですよね〉(平成26年6月17日・スポーツ報知)

 ちょうど欠員が出るという運も重なり、1週間後にいかりやから連絡が入り、志村はドリフの付き人になった。

 志村が汗水垂らしながら下積みをしていた昭和43年7月、フジテレビの土曜夜8時枠で『コント55号の世界は笑う』が始まる。萩本欽一と坂上二郎がスピーディーな動きでお茶の間を賑わせ、他局が同時間帯を“不毛地帯”と呼ぶほどの高視聴率を獲得した。

 すると、ライバル局のTBSは翌年10月からドリフの『8時だョ!全員集合』を開始させ、昭和45年に“土8”のトップに立ち、『世界は笑う』は終了に追い込まれた。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン