国内

新型コロナ、BCG接種実施の日韓、ポルトガルで感染者数少ない

BCGワクチン接種はコロナウイルスにも効果的?

 緊急事態宣言が発動された。5月のゴールデンウイークまでの約1か月間、日本はまさに正念場を迎える。厚生労働省関係者はこう語る。

「日本が絶対に避けなければいけないのが、死者1万人を大幅に上回るイタリアやスペイン、感染者30万人を超えたアメリカのようにならないことです。彼らは2か月前、未知のウイルスの恐ろしさを見誤り、対策は遅く、不完全だった。彼らが辿った道を、日本は繰り返してはいけない」

 2002年から流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)は終息宣言が出るまでに全世界で約8000人の感染者と約800人の死者を出した。しかし、新型コロナウイルスはすでに感染者が120万人を超え、死者は7万人に迫る(4月6日現在)。

 なかでも、顕著なのが欧米諸国の感染者の多さだ。感染源の中国を抜き、感染者数の多さはアメリカ、スペイン、イタリアの順となっている。

 なぜ爆発的感染拡大を招いた国とそうではない国があるのか。その理由の1つとして浮上しているのが、「BCGワクチン」の接種状況である。

 BCGワクチンは感染症である結核を予防するためのワクチンで、1940年代以降に世界各地で普及した。日本でも定期接種の対象となり、上腕部に2回行う9本針の「はんこ注射」として有名だ。

 しかし、前述のスペインでは結核罹患率の減少に伴い、1980年代以降、接種が中止され、アメリカ、イタリアでは医療従事者などのハイリスク群のみに接種するようになった。

 そうしたワクチン接種率が低い国で、新型コロナが猛威を振るっている。たとえばスペインでは感染者が13万人を超えて「医療崩壊」を招くほど壊滅的な打撃を受けた。一方で、現在も全国民へのワクチン接種を実施している隣国のポルトガルの感染者は、およそ1万人と圧倒的に少ない。定期接種継続の差が、現在の被害状況に関係している可能性があるのだ。血液内科医の中村幸嗣さんが指摘する。

関連記事

トピックス

中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
NHK退職が明らかになった武田真一アナ
NHK武田真一アナ起用報道で南キャン・山里亮太の損得勘定 スッキリ後番組への期待と不安
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン