芸能

13年ぶり『ハケンの品格』主演の篠原涼子「正直、怖かった」

“とっくり”が戻ってきた(写真は公式HPより)

 13年ぶりに、ドラマ『ハケンの品格』(放送開始日調整中、日本テレビ系)が復活する。社員を圧倒するほどのスーパースキルを持った派遣社員・大前春子を演じた篠原涼子(46才)は、当時、役柄も相まって“理想の上司”ナンバー1にも選ばれるなど、“女性が憧れる女性”として圧倒的な支持を得た。13年の時を経たいま、春子を演じる篠原に密着して見えてきた働く女性としての新たな姿とは──!?

「率直に言うと、うれしさよりもプレッシャーの方が大きかったですね。『ハケンの品格』はみなさんにすごく愛していただいて、私自身も思い入れがある作品だったんです。13年前を超えるものがいまの自分にできるのか…正直、怖かった。でも現場に入ってみたら、本当に13年前にタイムスリップしたような気持ちで春子になれました」(篠原涼子・以下同)

 そう話す篠原。春子の変わらぬ魅力は「いつも自分を変えないスタイルにある」という。

「人って変わっていってしまったり、何かを変えたくなってしまったりするものだから…。春子のように、自分を変えないことって、なかなかできないんですよね。だからこそ、13年前とあまり変わらないスタイルで春子を演じたいと思っていて、参考のために前作も見直しました」

 春子といえば、唯一プライベートが垣間見えるのがフラメンコを踊るシーン。新シリーズでは思わぬ苦労が。

「春子は仕事のスキル面ではもちろん進化しているんですけど、フラメンコのシーンまでグレードアップされていて、振り付けを覚えるのが大変なんです。大前春子は役であって、私自身は13年間フラメンコを習い続けていたわけではないので、ちょっとクレームを出したい気分(笑い)」

 篠原自身の13年前からの変化といえば、“働く母”になったこと。2児の母としての顔を持ちながら女優としても一線で活躍し続けるが、「20代の頃は結婚をしたいという気持ちもあったし、何才まで仕事を続けよう…とリアルに考えたことはなかった」と率直な胸の内を明かす。

関連記事

トピックス