芸能

親にも叩かれたことない水前寺清子、ドラマで叩かれ視聴率上昇

水前寺清子が『ありがとう』の思い出を語る(時事通信フォト)

 テレビ業界で収録中止が相次ぐ中、増えているのが過去のドラマの再放送だ。外出自粛により家で過ごす時間が増え、「家族のあり方」を描いたホームドラマの数々が思い出される。今だからこそ、もう一度放送してほしい名作をプレイバックする。

◆娘を涙で送り出す母

 1964年の東京五輪を成功させ、次は1970年の大阪万博を控えた1960年代後半、日本の家庭にカラーテレビが一気に普及していった。家族みんなでブラウン管を囲む時代、テレビの主役だったのが「ホームドラマ」だ。各局が競うように、三世代で見られる作品を量産した。

「中でも特に印象的だった」とコラムニストの亀和田武氏(71)が挙げるのが、『肝っ玉かあさん』(1968~1972年、TBS系)だ。女手一つで蕎麦屋「大正庵」を切り盛りする大正五三子を、当時無名の舞台女優だった京塚昌子が演じ、人気となった。

「放送が始まった1968年は学生運動の真っ盛り。僕も浪人生ながらデモに参加していました。機動隊とぶつかり合った後なのに、家に帰って家族が観ていた『肝っ玉かあさん』になぜか惹きつけられたんです。

 割烹着姿の京塚さんのふくよかな体型と、包み込んでくれるような優しさがとても心地よかった。台詞回しも軽妙で、チャキチャキしているけど芯のある昭和のお母さんそのものでしたね」

 放送当時、京塚は30代後半ながら、51歳の母親役を演じ切った。ドラマの見所は、やはり親子のやりとりだ。

「当時はまだ高校生でしたが、お母さんが娘に語りかけるシーンをよく覚えています。『若い人と、歳とった人の考え方や気持ちが違うのは当たり前。だけど、そのために言葉がある。話し合いがある。思いやりの心があるんですよ』って。横で僕の母が『うん、うん』と涙目で頷いていた」(66・会社員)

 プロデューサーは後に『渡る世間は鬼ばかり』などのヒット作を手がける石井ふく子氏だった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン