国内

LINE使った安否確認サービス、開発きっかけは実弟の孤独死

見守りサービスとは

 東京都監察医務院の調査によると、東京23区内で、65才以上のひとり暮らしの高齢者が自宅で亡くなったケースは、2002年が1364件だったのに対し、2019年は3882件と、約3倍も増加している。

 自分の弟の孤独死をきっかけに、人生を見つめ直し、新たな事業を始めた人がいる。NPO法人『エンリッチ』代表理事の紺野功さんだ。

 紺野さんの弟は5年前の2月、ひとり暮らしのマンションで亡くなっているのが発見された。

「酒に酔って居間で寝込んでしまったようで、死因は低体温症と言われました。その年の正月には実家で会いましたし、まだ51才と若かったので、まさかと思いました」(紺野功さん)

 当時IT企業で働いていた紺野さんだが、「若くても家族がいても孤独死する」という現実を目の当たりにし、退職後の2018年に、現役世代の孤独死への注意喚起と啓蒙のため『エンリッチ』を立ち上げた。

 紺野さんが提供するのは、LINEを使って安否確認をする「見守りサービス」など。LINEで友だち登録をすると、任意の時間に安否確認通知がくる仕組みだ。通知が来たら、OKをタップ。タップをしなければ24時間後に再送されてくる。

 それでもタップしないと、3時間後に生存確認の電話が直接かかってくる。それに出ないと、事前に登録した近親者に連絡がいく。

 現在の登録者数は約1200人で女性が6割(20~93才)。基本無料で利用できる。

※女性セブン2020年4月23日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト