国内

LINE使った安否確認サービス、開発きっかけは実弟の孤独死

見守りサービスとは

 東京都監察医務院の調査によると、東京23区内で、65才以上のひとり暮らしの高齢者が自宅で亡くなったケースは、2002年が1364件だったのに対し、2019年は3882件と、約3倍も増加している。

 自分の弟の孤独死をきっかけに、人生を見つめ直し、新たな事業を始めた人がいる。NPO法人『エンリッチ』代表理事の紺野功さんだ。

 紺野さんの弟は5年前の2月、ひとり暮らしのマンションで亡くなっているのが発見された。

「酒に酔って居間で寝込んでしまったようで、死因は低体温症と言われました。その年の正月には実家で会いましたし、まだ51才と若かったので、まさかと思いました」(紺野功さん)

 当時IT企業で働いていた紺野さんだが、「若くても家族がいても孤独死する」という現実を目の当たりにし、退職後の2018年に、現役世代の孤独死への注意喚起と啓蒙のため『エンリッチ』を立ち上げた。

 紺野さんが提供するのは、LINEを使って安否確認をする「見守りサービス」など。LINEで友だち登録をすると、任意の時間に安否確認通知がくる仕組みだ。通知が来たら、OKをタップ。タップをしなければ24時間後に再送されてくる。

 それでもタップしないと、3時間後に生存確認の電話が直接かかってくる。それに出ないと、事前に登録した近親者に連絡がいく。

 現在の登録者数は約1200人で女性が6割(20~93才)。基本無料で利用できる。

※女性セブン2020年4月23日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

羽生結弦
羽生結弦、離婚の真相 元妻にとって「想像とは異なる新婚生活」“アスリート妻”としての役割与えられなかったか
女性セブン
南野陽子
南野陽子、急転の離婚劇 逮捕夫が演じ続けた“いい夫”、金銭問題、暴行、隠し子…トラブル続きだった虚飾の結婚生活
女性セブン
才色兼備な高飛車キャラが懐かしい
西川史子、脳出血再発で入院生活 SNSの更新ストップ、順調に回復もリハビリ続ける
女性セブン
安樂智大(時事通信フォト)
楽天・安樂智大、ナンパでも悪評「嫌がって逃げる女性を執拗につけまわす」「未成年と知っていても飲みに誘う」
女性セブン
死体遺棄の疑いで逮捕された堀容疑者(時事通信フォト)と遺体で見つかった野本さん
《18歳女性遺棄事件》遺体は「十数個の骨片しか発見されていない」 交際相手は「好青年とは言えない」「半年前に消えた」証言
NEWSポストセブン
逮捕された西成署の巡査(時事通信フォト)
《国際ロマンス詐欺で25歳現役女性警察官が逮捕》柔道インターハイ出場“陽キャ”な「ミニスカポリス」の闇堕ち
NEWSポストセブン
神木隆之介と息の合った演技を見せる浜辺美波(Getty Images)
浜辺美波と話題作で共演続く神木隆之介 なぜ「美波ちゃん」から「浜辺」に呼び方を変えたのか
週刊ポスト
「ヤンキー姉」の愛称で知られる志筑杏里(撮影 加藤慶)
【BreakingDownで話題の元アイドル】ヤンキー姉が語る「ストーカーとの半生」 驚きの対策は「月収、自宅、交際遍歴をすべて公開」
NEWSポストセブン
パワハラ疑惑の渦中にいる楽天の安樂(公式HPより)
楽天・安樂、パワハラ疑惑でクビは不可避の状況か 「暴行で解雇」デーブ大久保氏の擁護には呆れる声
NEWSポストセブン
相撲協会の理事選出馬に野心を見せていた宮城野親方だったが…(時事通信フォト)
元横綱・白鵬の宮城野親方、協会理事選不出馬の内幕 “貴の乱”の二の舞いを許さぬ執行部の包囲網、野望は潰えたのか
週刊ポスト
番組を再度欠席した神田正輝
《旅サラダを2週連続で欠席》神田正輝、検査入院拒んでいた背景に「悪いところがあれば自分でわかる」長年の病院嫌い
NEWSポストセブン
向井理演じる諸葛孔明が大活躍する『パリピ孔明』(c)フジテレビ
【実写化成功のカギ】『パリピ孔明』演出が明かす、主演・向井理との意見の一致「ギャグはやらない」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン