芸能

ホームドラマ再放送増加、浅田美代子が振り返る『寺内貫太郎』

「現場も家族のようだった」と語る(時事通信フォト)

 テレビ業界で収録中止が相次ぐ中、増えているのが過去のドラマの再放送だ。外出自粛により家で過ごす時間が増え、「家族のあり方」を描いたホームドラマの数々が思い出される。今だからこそ、もう一度放送してほしい名作をプレイバックする。

◆弱さも持ったカミナリ親父

 演出・久世光彦と脚本・向田邦子がタッグを組んだ『時間ですよ』(1965~1990年、TBS系)や『寺内貫太郎一家』(1974~1975年、TBS系)を記憶に残る名作として挙げる人は多い。

『時間ですよ』は銭湯「松の湯」を舞台に、しっかり者の女将を森光子、夫役を船越英二が演じた。従業員やお客も巻き込んだ大家族のドタバタぶりが大人気となった。『寺内貫太郎一家』では、小林亜星が石材店一家の大黒柱である父を演じた。コラムニストの亀和田武氏(71)が言う。

「向田・久世コンビは職人や商売人の家族を好んで描きました。サラリーマンになれば社宅に住めて、出世すれば郊外に家が建てられる。そんなふうに人生が画一的になりつつあった時代に“人間らしい父親像”を表現しやすかったからではないか。

 小林亜星が演じた貫太郎なんて、亭主関白で理不尽で、今ならDVの極みと叩かれそうな人物ですが、弱さも持ったカミナリ親父にみんな親しみを持っていた」

『時間ですよ』『寺内貫太郎一家』両作品に出演した浅田美代子が言う。

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン