• TOP
  • ライフ
  • ミシュラン一つ星懐石店主に聞くレトルトカレーのトッピング

ライフ

2020.04.24 16:00  週刊ポスト

ミシュラン一つ星懐石店主に聞くレトルトカレーのトッピング

「懐石 大原」店主・大原誠氏

 コロナで外出自粛が続くと、近所のコンビニを利用する機会が増える。家飲みのお伴もコンビニで、となるが、ときどき居酒屋がとても懐かしくなる。家飲みではコンビニのお世話になることも多いという一流料理人に、家飲みを何倍も充実させる方法を聞いた。

「うちは和食の店なので、たまには店では出さないようなものを買って食べたくなるんです」

 そう話すのは、ミシュラン一つ星の「懐石 大原」(東京・荒木町)店主・大原誠氏。仕事帰りにコンビニに立ち寄って購入するのは、ウォッカ「スミノフ」をベースにした微炭酸のカクテル「スミノフアイス」とレトルトの「ビーフカレー」だ。

「レトルトカレーは、値段が高めでこだわったものよりも、100円くらいで買える安くてシンプルな味のカレーのほうが私は好きです。“カレーってこういうものだよね”という安定感がある。セブンプレミアムの『ビーフカレー辛口』が個人的には一番合う。具はあまり入っていないので、『半熟煮たまご』や『焼豚切落し』『チョリソー』、三角形の袋に入った『枝豆』や『焼きとうもろこし』などを買って、カレーにトッピングします」

コンビニカレーをワンランクアップさせる方法は?

 トッピングはその日の気分で、1種類の時もあれば「チョリソー&焼きとうもろこし」「焼きとうもろこし&枝豆」といった組み合わせにすることもあるそうだ。

「スミノフアイスはいろんな味が出ていますが、私の好みはオリジナルの赤ラベルのもの。微炭酸のカクテルならカレーの味を邪魔せず美味しく飲めます」

※週刊ポスト2020年5月1日号

関連記事

トピックス