国内

安倍昭恵さん「夫の貴族動画」に「いいね!」の大ヒンシュク

「いいね!」はよくないね!(時事通信フォト)

 私的「桜を見る会」や大分県への50人団体旅行など、外出自粛ムードに水を差す行動を連発する安倍昭恵・首相夫人(57)は、SNS上でも奔放だった。新たな舞台は、大炎上した星野源と安倍首相の“コラボ動画”である。

 星野がインスタグラムで公開した楽曲『うちで踊ろう』に、安倍首相が優雅に自宅でくつろぐ様子を重ねた動画を投稿したところ、「庶民の苦しみを理解していない」と批判が噴出。国会でも追及されたこの“貴族動画”だが、問題となった安倍首相のインスタグラムの投稿に「いいね!」を押したアカウントの中に、こんな名前がある。〈akieabe〉。

 昭恵夫人のインスタグラムのアカウントだ。国民から総バッシングを浴びた夫の動画に、昭恵夫人が「いいね!」をつけていた。

「昭恵さんが『いいね!』を押したことは、彼女をフォローしている人には表記されるのですが、一部の人にしか気づかれていないようです」

 全国紙政治部記者がそう言って続ける。

「昭恵さんの『いいね!』は、過去に何度も問題になっています。2018年には『野党のバカげた質問ばかりで、旦那さんは毎日大変ですね』というフェイスブック上の投稿に『いいね!』をして炎上し、2017年には、元TBS記者の山口敬之氏と伊藤詩織さんの問題が報じられた際、それを全面否定する山口氏のフェイスブック上の声明文に『いいね!』をして、物議を醸した。

 SNS上の意志表示は不特定多数の人が見られることを、認識していないのか、あるいは分かった上でやっているのか……。いずれにせよ浮き世離れぶりをネット上にはっきりと残してしまった」

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト