ライフ

教育界のノーベル賞トップ10入り教師選、子供が読むべき3冊

グローバル・ティーチャー賞にも選出された教師が紹介するのは

 学校再開に向けて動き出した地域もあるが、予断を許さない状況に変わりはなく、都市部では休校が続いている。京都・立命館小学校の英語教員、正頭英和さんは、新型コロナウイルスコロナの影響でたくさんのことが奪われてしまったものの、唯一得たものがあると話す。

「それは“時間”です。その大事な時間を、読書を通してぜひ興味や関心を伸ばしてほしいと思います」(正頭さん)

 2019年に“教育界のノーベル賞”ことグローバル・ティーチャー賞にトップ10入りした正頭さんは、休校中のいま、児童に読書を促している。そこで正頭さんに、子供が読むべき本を紹介してもらった。

【プロフィール】
◆立命館小学校英語教員・ICT教育部長 正頭英和さん/2019年に教育界のノーベル賞『グローバル・ティーチャー賞』トップ10入り。

 
 日頃、子供たちに「出会いを大事にしよう」と話している正頭さん。ここで言う出会いとは、“人”“非日常”“本”の3つだ。

「出会いは人生を豊かにし、自分を成長させてくれます。本が好きな人は、本から世界を広めることができる。本が苦手なら、人と話せばいい。人と話すことが苦手なら旅行という非日常でもいい。

 新しい出会いは心の健康にもつながります。学校ならクラス替えや席替えでハラハラドキドキする緊張感や高揚感が得られますが、休校が長引いているいま、本は高揚感をもたらす大切なツールなのです」(正頭さん・以下同)

 正頭さんは、休校中のいまだからこそ、勉強する意味を問い掛ける『手紙屋~蛍雪編~』を、そして外出自粛でイライラした日には、母親目線で日常を描いた絵本『おかあさんはね』を読んで、心を見つめ直すことを提案する。

【正頭英和さんがおすすめする3冊】
『手紙屋~蛍雪編~』
ディスカヴァー・トゥエンティワン/喜多川泰
「“なぜ勉強するのか”を考えたい人におすすめ。高校生と手紙屋さんとのやりとりを読むうちに、勉強したい気持ちがわいてきて楽しくなるかも」

『おかあさんはね』
マイクロマガジン社/エイミー・クラウス・ローゼンタール(著)、トム・リヒテンヘルド(イラスト)
 子供は毎日が学び。親も親で試行錯誤の連続。「絵本ですが、思春期の小中学生こそぜひ読んでほしい。ほんの少し、イライラした気持ちが落ち着くかもしれませんよ」

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン