芸能

『愛の不時着』のヒロイン、女性が好きな女性として支持される

主人公の細マッチョボディにも注目(NetFlixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中)

 屈強な肉体でひときわ目を引くのが背部だ。細マッチョながら背中が広く大きく、抱き付いたヒロイン・ユン・セリ(=ソン・イェジン 38才)の両手がジョンヒョクの背中に回らない。

 髪形は素朴な坊ちゃん風で服装は迷彩の軍服ばかり。寡黙で職務に忠実な軍人だが、人間的な優しさを併せ持つ。

 それを象徴するのが、パラグライダーの事故で北朝鮮に不時着したセリをジョンヒョクが最初に発見する場面だ。

 最前方警備隊の中隊長であるジョンヒョクの尋問に、セリは「(私が北朝鮮に来てしまったことは)見なかったことにして」とお願いしてダッシュする。

 するとジョンヒョクは地面に埋まる地雷に注意を促し、「ぼくは地雷の専門家だ」と自信たっぷりに述べるが、次の一歩で自ら地雷を踏んでしまい、ピタリと動きが止まる。急に無表情になったジョンヒョクを見て形勢逆転を悟ったセリは、「専門家でも地雷を踏みます?」と得意げに尋ね、「顔は私のタイプよ」と言い残して一目散に走り去る。

 身動きの取れない彼はセリに銃口を向けることなく、地雷を避ける方法と、韓国との国境への道を告げる。口達者で相手を丸め込もうとするセリと、クールながら思わぬドジを踏み、そのうえで敵国の女性を思いやるジョンヒョクのやり取りが何とも愛らしいシーンだ。

 多くの女性がジョンヒョクの優しさに胸キュンとなったのが、第4話の終幕近く。

 慣れない市場で迷子になったセリが途方に暮れていると、遠くにほのかな灯が見えた。茫然としながら近づくと、アロマキャンドルを高く掲げるジョンヒョクの姿が現れた。

 その数日前に普通のロウソクとアロマキャンドルの区別がつかなかったジョンヒョクが、セリを見つけて「(今回は)香りのするロウソクだ。合ってる?」と優しく語りかけると、彼女は笑顔で涙ぐむ。

『K-POPがアジアを制覇する』(原書房)の著者でライターの西森路代さんは、こう話す。

「韓国でも胸がときめく人が多かった名場面です。放送後、韓国ではアロマキャンドルの売れ行きが伸びました」

関連記事

トピックス