ビジネス

パチンコライター・ナミが提案 「ホールの行列」をなくす方法

パチンコ店開店前の行列はなくなるのか(時事通信フォト)

パチンコ店開店前の行列はなくなるのか(時事通信フォト)

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が段階的に解除されていることで、長らく休業を余儀なくされてきた事業者にも、ようやく経済活動の再開ムードが漂っている。だが、自粛期間中も営業を続ける店が出るなどして批判を浴びたパチンコ業界は、大手を振って全面再開とはいかなそうだ。女性パチンコライターのナミが、コロナ後のパチンコ店を展望する。

 * * *
 自粛が明けたら真っ先に打ちたいパチンコ機種は、『フィーバー戦姫絶唱シンフォギア2』。パチンコライターのナミです。

 5月14日、パチンコ業界に関わる人にとっても注目の政府発表がありました。39県における緊急事態宣言の解除。そして5月21日には大阪、京都、兵庫の3府県も解除されました。これにより数多くのホールが営業を再開し始めています。

 ただ、県外からの来店自粛呼びかけや、マスク着用での遊戯など感染症対策をしっかりしたうえでの再開ということで、まだまだ油断できる状況にはありません。新型コロナによる感染症は、世界規模にイレギュラーかつ誰も経験したことがない脅威で、その防止策として何を判断するにも正解はないと思います。

 5月13日、「パチンコ店でのクラスター発生事例はなかった」として東京都医師会から緊急謝罪がありました。パチンコ業界で働く人間としては、クラスター事例として挙げられたのが間違いだったことが明らかになって安心した反面、パチンコ店が批判されている時に、業界を守る発言ができなかった後悔の気持ちが沸き上がってきました。

 事実、どこのパチンコ店でもクラスターは発生していませんでしたし、多くの店で空調や徹底した消毒体制により感染リスクを減らす努力をしていることは知っていましたが、そうした取り組みや自分の考えをSNSで発信する勇気がありませんでした。自分の意見がどこまで正しいのか自信を持てなかったからです。正解がない物事に対して発言をするのは本当に難しく、自分自身の強い意志が必要になってくると改めて実感しました。

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト