国内

コロナ不況でも「中学受験断念組」は意外に少ないとみる理由

コロナ禍でも中学受験人口は減らない?

コロナ禍でも中学受験人口は減らない?

 コロナ不況のいま、ネット上では「中学受験どころじゃない世界になる」「私立中学から公立中学に転校者が続出?」などのスレが飛び交っている。6年連続で受験者が増えていた中学受験人口だが、来年は一転激減してしまうのだろうか。安田教育研究所代表の安田理氏が、受験をめぐる環境変化と私立中学の新しい取り組みについてレポートする。

 * * *
 いま新聞やTVのニュースを見ると、コロナ禍による雇い止め、倒産、内定取り消し……といった悲惨な記事や情報が溢れている。確かにそれは事実なのだが、それがストレートに中学受験に結び付くかというと、少なくともここ2、3年については疑問に思う。

 例年3月に行っている安田教育研究所の中学入試セミナーで今年話す予定だった内容に、「企業社会と受験の構造」というものがある(コロナの影響で開催は中止)。

 小学校受験、中学受験、高校受験にそれぞれ企業社会におけるどのような層が参入しているかを考えたものである。わかりやすく言うと、『社長・役員層』『管理職・専門職層』『正社員層』からは中学受験に矢印が伸びるが、『非正規雇用層』からはこれまでも矢印は存在していない。

 もちろん飲食業、観光業、運輸業、小売りなど大打撃を受けている個人事業主の家庭からの受験組は減るかもしれないが、主たる供給源である企業社会の『管理職・専門職層』『正社員層』からはすぐには減らないとみるのが妥当だろう。この時期、大手企業の決算が発表になり極めて厳しい数字が語られているが、即正社員のリストラ、賃金の大幅削減にはつながらない。

 また、現小学6年生・5年生はすでに3年、2年と塾通いに投資してしまっている。ここで止めたらこれまで少なからずかけた分が水泡に帰す。これからどうするか迷っている小学校の低学年、中学年の家庭はともかく、すでにのめりこんでいる家庭はそう簡単には撤退できないのが中学受験なのである。

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン