◆学習面以外こそ私学の「魅力」

 このように、学習面で熱心にオンライン教育を実施している学校がたくさんあることに感心するが、今回再認識したのはそれ以外の面での“私学らしさ”だった。

 休校期間の長期化で問題となるのは先生、友だちとのコミュニケーション不足であり、それに伴う精神安定の危うさである。部活、学校行事、委員会活動すべてがストップし、生徒は精神的成長の機会を奪われている。こうした中で目にしたケースをいくつか挙げてみよう。

【鴎友学園女子】
 鴎友は高1からは授業で使うデバイスをBYOD(Bring Your Own Device)にしている。ICT機器は文房具なのだから、教えやすさよりも生徒が使い慣れたものでいこうという判断だ。教室にはふつうに机の上にスマホがある。そうした姿勢であるから今回も、zoom、Google Classroom、スプレッドシート、Google Forms、チャット、YouTubeなどをシーンごとに適宜組み合わせて対応している。先生も生徒もIT機器に熟達している。

 休校中でも生徒会や委員会はオンライン上で活動しており、9月の学園祭についてもつい最近生徒の実行委員会が「オンライン学園祭」の提案を出してきたという。

 コロナ禍で、学習面以外でも学校のシーンはずいぶん変わってきているのである。精神面ではこんな配慮をしているという現場の先生メールをもらった。

【湘南学園】
「お子様、保護者の方々の心のサポート態勢を整え『保健室特設サイト』を開設しました」

【大妻中野】
「カウンセラー(2名)には、すでに学校貸与の携帯電話を郵送済みです。全生徒・保護者からの個別相談を受けられる態勢もできています」

 いかにも私学らしいと感じたのは下記のメールである。

【青山学院横浜英和】
「私がいちばん気になったのは、生徒たちが聖書の言葉から離れてしまう、ということでした。で、すぐにHPのトップに毎日、「今日の聖句」と祈りの課題を載せることにしました」

 そして、自分の学校、生徒を愛し、命がけで取り組む姿勢を感じたものがこれである。

【光塩女子学院】
〈在学中から御薫陶賜わったシスター、先生からバトンを引き継ぐ今、身の引き締まる粛然たる思いで襟を正しております。 混沌とした世界情勢においても本質を見抜き、人間に特有の意味と価値を発見できる底力を涵養するための学びの場の充実に命を賭けて励む所存です〉(4月1日に就任した新任校長の挨拶文の一部)

関連記事

トピックス

大谷翔平選手(時事通信フォト)と妻・真美子さん(富士通レッドウェーブ公式ブログより)
《水原一平ショック》大谷翔平は「真美子なら安心してボケられる」妻の同級生が明かした「女神様キャラ」な一面
NEWSポストセブン
裏金問題を受けて辞職した宮澤博行・衆院議員
【パパ活辞職】宮澤博行議員、夜の繁華街でキャバクラ嬢に破顔 今井絵理子議員が食べた後の骨をむさぼり食う芸も
NEWSポストセブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン