芸能

超オススメ韓流ドラマ4選、芸人スクールゾーン橋本稜が紹介

Netflixオリジナルシリーズ『ロマンスは別冊付録』独占配信中

 長引く外出自粛生活をきっかけに、『愛の不時着』で初めて韓国ドラマにハマる人が急増中。そんな“韓ドラ”初心者や、「久しぶりに見ようと思ったけど何を見ていいかわからない…」という人に、 “韓ドラ”通が“いま”見てほしいおすすめ作品を熱く語ります。
(*商品及び配信情報は、2020年5月現在のものです)

【教えてくれたのは…】芸人・スクールゾーンの橋本稜(28才)/俵山峻と2011年にコンビ結成。SNSでのリアルな『K-POP・韓国ドラマあるある』動画が話題に。「中学1年生のときに母親が『冬のソナタ』を見ているのを横で見ていて韓国語に興味を持ち、そこから韓国ドラマやK-POPにどんどんのめり込んで、いまでは芸の1つになってます。好きなジャンルはラブコメ」(橋本)。

◆『ロマンスは別冊付録』

「バツ1のコピーライター(イ・ナヨン)と、ベストセラー作家で出版社の編集長というハイスペックな年下男子(イ・ジョンソク)のラブコメディー。甘々なシーンが満載で、そこにせつなさと笑いが絶妙に入り混じります。モデル出身でビジュアル最高、新・韓流四天王の1人、イ・ジョンソクが初のラブコメに挑戦した作品です」(橋本・以下同)

◆『アルハンブラ宮殿の思い出』

『愛の不時着』のヒョンビンがゲームオタクに!?Netflixオリジナルシリーズ『アルハンブラ宮殿の思い出』独占配信中

「スペインを舞台に、ARゲームを題材にした斬新で奇抜な新感覚のドラマで、CGを駆使した豪華なゲームの世界も見もの。ヒョンビンのゲームオタク的な感じと、パク・シネちゃんの純粋な演技の息はピッタリ。

ラストは見る人によって解釈が変わると思うので、“エンディングの受け取り方はユーザー次第!”というようなゲームらしさが複数回見ても楽しめます」

年上の綺麗なお姉さんとの恋愛に憧れます!(C)Jcontentree corp.allright reserved

◆『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』(DVD-BOX 1~2、各1万5000円)

「ヒロインのソン・イェジンの頼れるお姉さんぶりが最高で、幼なじみとして育ってきた親友の弟(チョン・ヘイン)と、まさかの恋愛関係に。

 ぼくはソン・イェジンの涙の演技に弱くて、どの作品でも彼女が泣くとぼくも泣きます。ヒロインの親友役を『愛の不時着』の“あの人”が演じていて、女同士の友情もすごく素敵」

◆『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』DVD-BOX 1~2 各1万5000円、デジタル配信中。DVD発売元:アクロス/松竹/ポニーキャニオン/韓流ぴあ 販売元:ポニーキャニオン 

◆『私の名前はキム・サムスン』

『私の名前はキム・サムスン』スペシャルプライスBOX 5000円 発売元/販売元:アミューズソフト(C)All Rights Reserved by MBC 2006

「財閥のイケメン御曹司(ヒョンビン)が婚期を逃した太めのパティシエ(キム・ソナ)と恋に落ちる韓流ラブコメの代表作。高校生の頃、お年玉でDVDを買って何回も見た作品で、ぼくの“韓流ドラマあるある”ネタのベースになっています」

※女性セブン2020年6月4日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン