スポーツ

池江璃花子、ベリーショートで撮影 「この姿残したい」決意

「ありのままの姿」に勇気づけられた人も多い(写真は池江選手のインスタグラムより)

 プールサイドで濡れた黒髪をかき上げる──あの印象的な光景とは大きく異なる。

 5月18日、競泳の池江璃花子選手(19才)が自身のインスタグラムで、ウイッグを外したベリーショートヘアを公開。この“衝撃写真”に、「ものすごくきれいです」「希望と勇気をありがとう」といった称賛のコメントが相次いでいる。これは池江選手をスポンサードする、コスメブランド『SK-II』とのコラボレーション企画。だがその撮影は、にこやかな表情からは想像だにしない、文字通り“命がけ”だった。

 昨年2月、池江選手は白血病で入院し、抗がん剤治療や造血幹細胞移植を受け、病と闘ってきた。

「約10か月の入院で、昨年12月に退院しました。2024年のパリ五輪に向けて少しずつトレーニングも再開したのですが、医師からプールで泳ぐことへの許可はなかなか下りませんでした。それでも池江さんは前向きに治療とトレーニングを続けて、3月17日にやっとの思いでプールに復帰することができました」(池江選手の知人)

 髪はすべて抜け落ち、生え始めたのは昨年秋頃。退院したときは、たくましかった肩はほっそりし、体重も闘病前と比べて10kgも減っていた。

 再起をかけてリハビリを開始――そんな矢先に新型コロナの緊急事態に。それでも、池江選手の心は折れず、『SK-II』の撮影に臨むことを決意した。

 池江選手のマネジメント事務所が、経緯を説明する。

「髪の毛が生え始めて“この姿もかわいいでしょ”と話せるまで心身ともに回復してきたのは昨年末のこと。“ここまで髪の毛が短い状態なのは、一生に一度かもしれない。この姿を残しておきたい”と考えるようになり、池江から、『SK-II』さんに撮影を提案させていただきました」

 撮影が行われたのは、プール復帰直前の3月上旬。国内でも新型コロナの感染者が増え始め、政府が大型イベントの中止を要請していた時期だ。乳がん手術を受けていた岡江久美子さん(享年63)もそうだが、一般的に抗がん剤治療を受けていると、免疫力が大きく低下する。池江選手にとっては、わずかな気のゆるみも許されない。撮影は厳戒態勢で行われた。

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン