• TOP
  • スポーツ
  • 済美高野球部出身のティモンディ高岸「甲子園に命かけてた」

スポーツ

2020.05.30 07:00  女性セブン

済美高野球部出身のティモンディ高岸「甲子園に命かけてた」

ティモンディのふたりが高校球児にエール(前田〈左〉と高岸〈右〉)

 その発表は、彼らにとってあまりにも残酷なものだった。新型コロナウイルスの影響で、夏の全国高校野球選手権大会と地方大会の中止が決定した。発表を受け、全国の高校から聞こえてくるのは、高校3年生の悲痛の声。なかには、人目もはばからずむせび泣く生徒もいたほどだという。

 各地の高校野球連盟(高野連)は、代替大会を検討しているようだが、未定な部分が多い。かつての高校球児はこの事態をどう感じているのか。コンビ揃って高校球児だったお笑いコンビ「ティモンディ」の2人に聞いた。

◆最後は痛恨サヨナラ負け それで芸人になれました

 お笑い第7世代のなかでも人気急上昇中のティモンディは、「日本一練習が厳しい」といわれる愛媛県の済美高校野球部出身。

 ツッコミ担当の前田裕太さん(27才)は、「ぼくは甲子園に行くために神奈川県から“野球留学”した身。高校3年間は甲子園で優勝するためだけに費やしました。ぼくがいまの3年生だとしたら、何のために愛媛まで来たのか?と考えてしまう…」と無念がる。

 相方でボケ担当の高岸宏行さん(27才)は、愛媛県では名の知れた存在で、プロからも声がかかるほどの豪腕投手だった。高岸さんはこう語る。

「ぼくらは高校3年生の県大会、決勝でサヨナラ負けをして甲子園に行けなかったんです。それまでの練習試合で5回やって一度も負けていない相手に…ぼくは甲子園に命をかけていたから本当につらかった。でも、そこから前を向けたことで強くなれたし、苦しみを知ったことで人に優しくもなれました。甲子園に行ってたら違う人生があったかもしれないけど、いまはお笑い芸人になれてよかったなって」

※女性セブン2020年6月11日号

関連記事

トピックス