国内

飛田新地で「全ホステスにコロナ抗体検査」 現場ルポ

旧遊郭が並ぶ色街「飛田新地」

 大阪府の緊急事態宣言が解除されて間もない5月24日、かつて遊郭として栄えた飛田新地(大阪市西成区)の一角に、多くの女性が集まってきていた。

 東京ドーム2個分の広大な敷地に、およそ160店の料亭が立ち並ぶ現在の飛田では、4月7日の緊急事態宣言の直前から一斉休業を実施。今回の緊急事態宣言の解除を受けて、各料亭が加盟する飛田新地料理組合が主体となり、6月初旬の営業再開に向けて同地で働く女性や従業員に対する抗体検査をスタートさせたのだ。

 離婚をきっかけに、4年前から飛田で働いているという30代のシングルマザーが話す。

「まだ小さな子どもとの生活のためには働かないといけない。感染しないことはもちろん、お客様にうつさないということも徹底しなければならない。まだ不安はありますが、抗体検査をしてもらえるということで、少しずつ前を向き始めています」

 大正7(1918)年に開業した飛田遊郭も、1958年の売春防止法の施行以後は料亭を訪れた客とそこで働く女性による“自由恋愛”という建前のもと、いわゆる「ちょんの間」として営業を続けてきた。

 料亭の2階で、濃厚接触の極みといえる本番行為が行なわれるのだから、当然、飛田で働く女性やサービスを受ける客の感染リスクは高い。取材に応じてくれた女性は、新型コロナが猛威を振るい始めた2月下旬に体調を崩した。発熱し、嘔吐を繰り返し、とうとう立ち上がることもできなくなって救急車で運ばれた。

関連記事

トピックス

大学内のコンビニで買い物をされることもあるという(10月、東京・港区。写真/JMPA)
卒論提出間近の愛子さま、皇族の悲恋を描く『源氏物語』に夢中 不安定な登場人物に「親近感がある」と告白
女性セブン
永野の登場に泣き出すファンも多かった
永野芽郁の武道館イベント、坂口健太郎や斎藤工らがお忍び観覧 ビデオメッセージでは呼び捨て、兄妹みたいな“めいたろう”コンビ
女性セブン
《騒動拡大》『24時間テレビ』募金着服に怒りが広がる理由 視聴者が抱いていた「番組のあり方への疑問」に再点火も
《騒動拡大》『24時間テレビ』募金着服に怒りが広がる理由 視聴者が抱いていた「番組のあり方への疑問」に再点火も
NEWSポストセブン
羽生結弦(写真は2022年)
【ミニスカ、恋愛歴も】羽生結弦にとって想定外?「元妻Aさんの過去情報」も離婚理由になったか 
NEWSポストセブン
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
女性セブン
検査入院したという神田正輝
《旅サラダの当面休養を発表》神田正輝、病院嫌いになった生命力への絶対的自信「谷底に落下」「血まみれから回復」
NEWSポストセブン
GACKT
《『翔んで埼玉』GACKTの高校時代》常連「餃子の王将」前で卒アル撮影、滋賀県人として過ごした知られざる姿「学ラン」「チャリ通」「いつも斜め45度」
NEWSポストセブン
実は結婚していたNHK吉岡真央アナ
【遠距離で結婚生活】NHK『ニュースウオッチ9』吉岡真央アナが「極秘結婚」していた お相手は高知放送局時代の「穏やかな先輩局員」
週刊ポスト
木本慎之介さんが語る
【独占インタビュー】西城秀樹さん長男・木本慎之介さんが明かした“勝負服”「大事な場所に行くときは父の服を着ると決めています」
女性セブン
ハラスメント行為が報じられた安楽(時事通信フォト)
《楽天・安楽パワハラ騒動》遠征先で「女を呼べ!」 複数の現役選手らが決意の告白「あの人と野球をするのは限界だった」深夜の飲食店で後輩に大声で説教も
NEWSポストセブン
りんご園の責任者が取材に応じた
《茨城リンゴO157集団食中毒》農園の責任者らが語った本音「業務用カッターは夜通し消毒」「今年は出来が悪い」「1000人以上の来客があった」
NEWSポストセブン
羽生結弦
羽生結弦、離婚の真相 元妻にとって「想像とは異なる新婚生活」“アスリート妻”としての役割与えられなかったか
女性セブン