• TOP
  • ライフ
  • 室内でのコロナ対策 ドア近くがより安全、換気は2つの窓で

ライフ

2020.05.31 16:00  女性セブン

室内でのコロナ対策 ドア近くがより安全、換気は2つの窓で

コロナの脅威を遠ざけるために気を付け続けるべきことは

 緊急事態宣言が解除されたからといって、安全なわけではない。これからは、新型コロナウイルスへ感染するかもしれないということを想定したうえで、しっかりと対策をしていかなければならない。では、部屋やレストランなどの屋内でどう気をつけるべきか。クリスタル医科歯科クリニック内科院長の中島由美さんはこう話す。

「まず注意すべきは座る位置です。空気の入れ換えのできる窓やドアの近くがより安全です」

 咳やくしゃみが出るなどの症状があったり、熱や倦怠感があるなどの体調不良の人は、とにかく「風下」に座るべきだ。重症化リスクの高い高齢者や持病のある人には「風上」の席を用意したい。

 米ボストン在住の内科医・大西睦子さんは「トイレは要注意」と指摘する。

「中国・武漢の2つの病院を調べた研究では、換気されていないトイレの空気から最も高濃度のウイルスが検出されました。換気の悪い密室ほど空気中のウイルス濃度が高くなるので危険です」

 WHOの調査報告書によると、ウイルス感染は主に家族間で発生している。感染しても無症状というケースも多く、感染防止のためには自宅の換気も重要になる。

 専門家によると、【1】すでにある24時間換気システムを正しく使う、【2】窓を開けて空気の通り道を作る、【3】台所の換気扇を利用する、という3つの方法を上手に組み合わせて、効率的に換気を行うことが望ましいという。

 なかでもポイントは「2か所の窓を開けること」だ。

関連記事

トピックス