スポーツ

フェンシング三宅、五輪延期でスポンサー契約解除しUber Eats

フェンシングの三宅選手は自らスポンサーを断り、ウーバーイーツでアルバイトを始めたという(写真/本人提供)

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて、開催が1年間延期となった東京五輪。2021年の開催が無理ならば、そのまま中止となる可能性も囁かれている。

 東京五輪は1兆3500億円もの大会予算が投じられるビッグプロジェクトだけに、延期となるとコストの面でさまざまな難問が生じる。スポーツライターの玉木正之さんが解説する。

「“1年程度の延期”と簡単に言いますが莫大な費用がかかります。新たに会場を押さえたり、組織委員会で雇っているスタッフの契約を延長したりする必要もある。加えて東京五輪では、通常年間20億~30億円の国の選手強化予算を120億円まで一気に増額しました。この費用が来年まで延長されるかも不透明ですし、個々の選手についているスポンサーが来年まで契約を続けるかという問題もあります。新型コロナの影響もあって、国も企業も潤沢にお金を出せなくなるなか、選手に対する財政面のバックアップが足りなくなることが危惧されます」

 1人の選手が競技を続けるには、トレーニング費用に加え、用具代から練習場代、遠征費まで莫大な費用がかかる。選手はそれぞれ企業に所属したり、チームや個人でスポンサーを募るなどして競技費用を捻出している。

 陸上女子100mハードルで東京五輪出場をめざす寺田明日香選手(30才)が語る。

「プロアスリートにとって、金銭の援助をしてくれるスポンサーやユニフォームなど物的支援をしてくれるサプライヤーの存在は、安心して競技に打ち込むためのかけがえのない支え。私の場合は、五輪延長後も十数社からのスポンサー・サプライヤー契約の見直しのお話はいまのところ来ていないので、とてもありがたく思っています」

関連記事

トピックス

女性宮家が創設され、結婚すると「圭殿下」となる可能性も(2017年9月、東京・港区=撮影/JMPA)
小室圭さん帰国で眞子さまと結婚進展へ、注目される「懐事情」は
NEWSポストセブン
ベテラン政治家がガチンコ評定(時事通信フォト)
自民党OB17人「私が総裁に推す人物」調査、1位は河野太郎氏
週刊ポスト
海の向こうではふたりに好意的なまなざしも(時事通信フォト)
眞子さまの一途な愛、若い世代は肯定的 「プリンセスの矜持」…
週刊ポスト
「変異株」が次々に現れる…(時事通信フォト)
ミュー株に対抗できるワクチン量産には2年必要か 変異株に翻弄…
週刊ポスト
眞子さま
眞子さまの結婚準備 小室家側は一切やらず、結局動くのは宮内…
女性セブン
ベテラン政治家がガチンコ評定(時事通信フォト)
自民党OB17人「私が総裁に推す人物」調査、1位は河野太郎氏
週刊ポスト
帰国する小室圭さん、アメリカ留学費用1000万円超はオール借金か
帰国する小室圭さん、アメリカ留学費用1000万円超はオール借金か
NEWSポストセブン
海の向こうではふたりに好意的なまなざしも(時事通信フォト)
眞子さまの一途な愛、若い世代は肯定的 「プリンセスの矜持」…
週刊ポスト
綾瀬はるかと税理士
綾瀬はるか、母が巻き込まれた投資トラブルに怒り心頭 名前を…
女性セブン
パワハラ疑惑の伊集院光
「お前、降板スレスレだからな」伊集院光、新井アナへのパワハ…
女性セブン
(時事通信フォト)
眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる…
女性セブン
綾瀬はるか
綾瀬はるかの資産が狙われたか 母が巻き込まれた1億円投資トラ…
女性セブン
30年前からそりが合わなかった?(時事通信フォト)
高市早苗氏が30年前、立民・蓮舫氏と並んでテレビ司会をしていた…
NEWSポストセブン
フワちゃん
フワちゃん&伊沢拓司、疑惑深まる2人の関係 同じ車で「あいの…
女性セブン
輝く50歳、平子理沙
平子理沙「奇跡の50歳」、吉田栄作・再婚報道当日のピンク髪姿
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 医者と病院の拝金・怠慢ほか
「週刊ポスト」本日発売! 医者と病院の拝金・怠慢ほか
NEWSポストセブン