芸能

米倉涼子、ドクターX降板の意思なし 来年に新シリーズも

来年にも『ドクターX』の新シリーズが?

「『ドクターX』に出ないなんて一言も言っていません。しかも今月、関係するドラマの撮影もありますから」

 語気を強めて語るのは、この3月末で30年近く所属した芸能事務所から独立した米倉涼子(44才)を深く知る芸能関係者だ。

 先日、米倉がこの秋に予定されていた『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)を降板したと一部で報じられた。

 2012年にスタートした『ドクターX』は大ヒットし、シリーズ化に昇格。以来、毎年のように放送され、2016年の『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』を挟み、6シーズンにわたって大門を演じ続けてきた。一方で、米倉は長年同じ役をやることでイメージが定着してしまうことを懸念していた。それが降板理由の1つだと指摘された。

「確かに今秋にテレビ朝日で主演ドラマを、という話はあったようです。ただ、新型コロナの感染リスクがある中で、米倉さんは長期のドラマ撮影ができる状態ではないと判断し、出演を断りました。そのドラマが『ドクターX』かどうかは未定だったと聞いています」(前出・芸能関係者)

 各局のドラマの撮影状況を見ると、現状は厳しい。あるテレビ局が打ち出した撮影マニュアルによれば、出演者は本番以外はフェースガードを着用し、大所帯のエキストラを使う撮影は禁止、食事は1人で摂るなど細かいルールが設けられた。

 しかも、リアルな手術シーンに定評のある『ドクターX』のような医療ドラマは、医療施設での撮影が必須。だが現在、院内感染のリスクもあり、撮影のハードルは高い。米倉も例年通りにはいかないと思っていた。だからといって「降板」は考えていないという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
舌鋒鋭い発言が特徴の社会学者・宮台真司氏(写真/共同通信社)
社会学者・宮台真司氏、襲撃被害の直前にツイッターユーザーと交わした過激な議論
週刊ポスト
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
NEWSポストセブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン
「田中碧選手のファンです!」と語る2人組
「“にわか”で初めてユニフォーム着た!」渋谷で田中碧ファンのほろ酔い女性が逆転弾に大興奮
NEWSポストセブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
夫・力道山の墓参りに訪れた敬子さん
「祖父は相場師、父は『麦と兵隊』に登場」力道山未亡人は家族も激動の人生だった【力道山未亡人~元日航CA・田中敬子の数奇な半生~#2】 
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン