スポーツ

藤浪晋太郎 コロナを自虐ネタにする強メンタルで大化けか

ノーコン病に悩む藤浪(時事通信フォト)

「クラスター合コン」で球界初の感染者となりケチがついたプロ野球・阪神の藤浪晋太郎(26)は、再起を図る矢先の5月28日の練習に遅刻して矢野燿大監督の逆鱗に触れ、無期限の二軍降格に。さらに6月3日の二軍戦では右胸違和感で緊急降板と、泣きっ面に蜂。

 阪神の監督時代に亀山努、新庄剛志の素行不良に悩まされた藤田平氏はこう指摘する。

「野球はそんなに甘いもんじゃない。1か月近い入院でキャンプで鍛えた身体はゼロどころかマイナスになっている。練習は1日休んだら回復に2日かかると言われていて、てっきり8月以降の復帰を目指していると思っていた。

(二軍戦登板は)阪神も名誉挽回の場を与えたかったのでしょうが、寮生活は5年が原則なのに4年で退寮を許可するなど、藤浪を甘やかしすぎです。早くマウンドに戻ってきてほしいのは理解できるが、二軍では甘やかさずしっかり教育してもらいたい」

 阪神の先発はローテの目処が立っている。ゆっくり調整できる安心感か、はたまた上手くいかなくて吹っ切れたのか、本人は存外、明るいという。

「ネット上では“コロ浪晋太郎”などという不名誉なあだ名までつけられたが、友達やタニマチが心配して励ましメールを送ると、むしろ藤浪はそれを自虐ネタにして笑わせようとする返信をしているといいます。その話を聞いた阪神のコーチはメンタルの強さに、逆に大化けするのではないかと期待していました」(虎番記者)

 ショック療法でノーコン病が治ったという話ならいいのだが。

※週刊ポスト2020年6月26日号

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン