• TOP
  • 国内
  • 混乱の大学入試 早稲田、上智、立教など選抜方式が超複雑化

国内

2020.06.13 07:00  NEWSポストセブン

混乱の大学入試 早稲田、上智、立教など選抜方式が超複雑化

2020年度に導入される「大学入学共通テスト」が入試を大きく変える(時事通信フォト)

2020年度に導入される「大学入学共通テスト」が入試を大きく変える(時事通信フォト)

 今年度から大学入試改革が行われる。大学入試センター試験(以下、センター試験)を廃止し、来年から新しく大学入学共通テスト(以下、共通テスト)が実施される。ところが、その共通テストの目玉だった民間英語試験の成績利用が延期され、記述式問題出題が見送りになった。

 これで共通テストは、今年のセンター試験とほぼ変わらなくなった。こうなると、来年入試への影響は限定的だ。負担が増えるため、国公立大離れが進むと予測されていたが、これにも一定の歯止めがかかると見られる。入試改革によって、今年から入試の名称は一般入試が一般選抜、推薦入試が学校推薦型選抜、AO入試が総合型選抜に替わる。

 ただ、この入試改革は国公立大だけでなく、私立大も巻き込んだものだった。国の入試改革に呼応して、一般選抜を大きく変える私立大も出てきたのである。

文系の政治経済学部で共通テストの数学も課されることになった早稲田大学(時事通信フォト)

文系の政治経済学部で共通テストの数学も課されることになった早稲田大学(時事通信フォト)

 早稲田大は政治経済、国際教養、スポーツ科学の3学部で、共通テストを受けていないと受験できなくなる。例えば、政治経済学部は共通テストの成績(英語、国語、数学I・A、選択科目の4教科4科目)と大学独自試験の成績で合否判定する。国立大と同じだ。しかも、共通テストは数学が課され、私立大3教科型の受験生は受けにくくなる。この他にも共通テスト利用入試を実施する。

 上智大と学習院大はこれまでセンター試験には一度も参加したことはなかったが、共通テストを使った入試を実施することになった。

 特に上智大は一般選抜で、従来の3教科型入試を共通テストと大学独自試験で合否判定する。大学独自試験では、学部・学科によって学科試問だけのところもある。この他に民間英語試験であるTEAPスコアを利用した入試、共通テスト利用入試がある。学習院大は新しく共通テスト利用入試を実施する。

 青山学院大も個別学部日程の入試では、経済学部を除き、共通テストと大学独自試験で合否を決める。一部の学部や学科では従来の方式も残る。この他にも全学部日程、共通テスト利用入試が実施される。

 立教大は文学部の2月11日の入試を除き、英語で大学独自試験は課さず、民間英語試験のスコアか、共通テストの英語の成績を利用する。さらに、試験日を5日用意し、理学部を除き、その中から自分の入試スケジュールにあった日程で受験することができるようにする。もちろん、全日程を受けることも可能だ。試験日自由選択方式といわれるものだ。

関連記事

トピックス