国内

レストラン、飛行機、新幹線 トイレ付近の席に飛沫リスクも

人も徐々に戻ってきた(時事通信フォト)

 緊急事態宣言の解除や「東京アラート」解除など、普段の生活が戻ってきたのはうれしいが、その半面、心配になるのが感染リスク。これからも引き続き、生活の至るところで細心の注意を払わなければならない。

 レストラン、飛行機、新幹線などに共通して注意すべきは「トイレ付近」だという。関西福祉大学の勝田吉彰教授(渡航医学)が説明する。

「新型コロナは感染者の排泄物を経由した二次感染リスクが指摘されており、政府の専門家会議もトイレでの感染に注意を呼びかけています。便座のフタを閉めずに流せば、ウイルスの飛沫が拡散する可能性があるので、トイレの近くの座席は念のため避けたほうが無難です」

 コンビニやスーパーで要注意なのはレジ周りだ。

「最近は手と手が接触しないようにおつりを現金トレイに置く店舗が増えていますが、このトレイにはウイルスが付着している可能性がある。ウイルスの飛沫が、レジ前に設置された感染予防のビニールにぶつかり、現金トレイに落ちてくることが、飛沫予測シミュレーションによってわかっています」(株式会社環境シミュレーション代表取締役の阪田升氏)

 感染する席、しない席を見極め、今後の生活のリスクを最小限にしたい。

飛行機でベスト場所は?

飲食店はどこに座れば良いのか

コンビニも要注意

電車はどこがベスト?

オフィスにも良い席、悪い席がある

※週刊ポスト2020年6月26日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン