• TOP
  • ビジネス
  • パチンコライター・ナミ 自粛明けホールに通って感じた変化

ビジネス

2020.06.17 07:00  NEWSポストセブン

パチンコライター・ナミ 自粛明けホールに通って感じた変化

人気パチンコライターのナミ

人気パチンコライターのナミ

 新型コロナによる休業要請もほぼ解除され、東京都内ではアミューズメント施設やパチンコ店も再開しているが、コロナ以前と比べ、営業スタイルや客層に変化が見られるという。女性パチンコライターのナミが自粛明けのパチンコ店の様子を報告する。

 * * *
『フィーバー戦姫絶唱シンフォギア2』を打ちたくて、6月頭からさっそくホールに足を運んでいるナミです。

 先日行ったホールでは、まず店頭入り口でマスクをしているかのチェックがあり、アルコールスプレーでの手指の消毒、そして非接触型電子体温計での検温を店員さんがスムーズに行ってくれます。

 およそ2か月ぶりの店内に入り真っ先に感じたのは、完全分煙化の影響もあってか空気が綺麗で視界がクリアに見えたことです。自分の視力が上がったと思うほどに。そして心なしか店内の音量が小さい。数台打ってから気付きましたが、大声を出して喋らなくていいように台の音量を小さめに設定しているホールさんが多数ありました。

 ホールを一周して様々な島をチェックすると、1円パチンココーナーや『海物語』コーナーにいつもいた常連の方がかなり少なくなっており、もともと賑わっていた『海物語』コーナーの稼働率は1割ほど。特にご年配の方は外出を控えているのかなと感じました。

 一方、私がお目当てだった『フィーバー戦姫絶唱シンフォギア2』の島は若者で満席でした。

 この台は2017年に登場し、幅広いユーザーに人気だった『初代フィーバー戦姫絶唱シンフォギア』の新台です。図柄揃い大当たり後の最終決戦が最大の見どころで、5回転で1/7.6の大当たりを引ければ継続率約82%のシンフォギアチャンスGXに突入します。初代からのゲーム性や演出バランスの良さを踏襲しているため、導入前からユーザーの注目度が非常に高かった台です。

 偶然空いた1台に座るとボーダーライン程度回ったので続行。この日は昼過ぎから夜まで打ってマイナス2万円でしたが、当たりも引けたしストレスなく回って久々のパチンコを楽しめました!

関連記事

トピックス