• TOP
  • ビジネス
  • 休業明けのパチンコ店 1日1000万円「赤字営業」する店も

ビジネス

2020.06.20 07:00  NEWSポストセブン

休業明けのパチンコ店 1日1000万円「赤字営業」する店も

女性パチスロライターの水樹あや

女性パチスロライターの水樹あや

 コロナ休業明けのパチンコ店──。多くの人が「休業中の赤字を少しでも解消しようと渋い設定台が多く、行っても勝てないのではないか」と思っているだろう。しかし、大型店の中には、常連客の呼び戻しを狙って“出玉大放出”するホールもあるという。女性パチスロライターの水樹あやがレポートする。

 * * *
 皆さん、こんにちは! DMMぱちタウン専属ライター、“顔面カエル似あや吉”こと水樹あやです。私はこのお仕事をする前までパチプロ、いわゆる専業をやっており、パチスロで生活していました。その経験を活かして、今はライターとして活動しております。

 さて、コロナによる緊急事態宣言が解除され、全国のパチンコ店の営業も続々と再開し始めました。

 そんな中、果たして休業明けのパチンコ店の「出玉状況」はどうなっているのか、パチスロライターとして、また一個人としても気になっていたので調査してみることにしました。

 最初は5月末から先行して営業再開していたエリアを中心に、『DMMぱちタウンアプリ』や『サイトセブン』といった出玉情報サイトを使ってデータを漁り、6月からは自分の足でホール状況をチェックすることにしました。

 事前予想としては、かなり渋い状況になるんだろうなと私自身も思っていましたし、周りのヘビーユーザーたちも同様の考えでした。しかし、調べていくと意外な結果が……。

 まず着目してみたのは茨城県です。私は千葉県に住んでいるのですが、茨城には知られていない優良ホールが数多く存在しており、狙い目の日は遠征することもしばしばありました。と言っても、お隣の県なので車でピューンと行けば意外と近いのです。

 よく行くお店をチェックしてみると、驚くべき出玉情報が目に飛び込んできました。

関連記事

トピックス