スポーツ

ボーア、浅村栄斗、村上宗隆ら 無観客で活躍期待される選手

無観客という舞台を生かすことできる才能はあるか(時事通信フォト)

 今季のプロ野球では、無観客を“味方”にして成績を伸ばす選手はいるのか。甲子園の優勝投手として1981年のドラフト1位で近鉄バファローズに入団、閑古鳥が鳴く“ほぼ無観客”のパ・リーグ球場を経験した金村義明氏(56)は阪神の選手たちに期待する。

「甲子園で練習試合を見ていても阪神の選手は笑顔でノビノビやっている。甲子園の大声援は調子がいい選手にとってはこれ以上ない追い風になるが、虎党のヤジは不調な時にプレッシャーにもなる。甲子園の大観衆にのまれてすぐ自由契約になった一昨年のロサリオにもう一度チャンスをやりたいくらい。ボーアの性格はわからないが、無観客のオープン戦では3試合連続本塁打を打った。パワーはバース以上のボーアをはじめ、高いレベルで競争している大山(悠輔)や北條(史也)、木浪(聖也)に期待したい」

 虎党の牙は阪神の選手にだけ向けられるわけではない。1971年に東映フライヤーズに入団し、翌年南海ホークスに移籍、引退時は阪神タイガースに在籍していた江本孟紀氏(72)が語る。

「巨人の坂本勇人と大城卓三はもし観客を入れての試合なら、虎党の格好の餌食だったでしょうね。藤浪晋太郎ばかりが叩かれた“お返し”がありますからね。

 阪神相手の試合に限らず、今季FAで移籍した選手は喜んでいるでしょう。ロッテ・福田秀平、美馬学、楽天・鈴木大地はいずれも同一リーグ内の移籍だからファンのヤジも容赦ない。昨年、西武から移籍した楽天・浅村栄斗も西武ドームでは大ブーイングでしたから。まあ、浅村はそれでも自己最多の33本塁打を打っているだけに、今年はもっと遠慮なくプレーして打ちまくるのでは」

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン