芸能

『必殺仕事人』、大物が悪役出演の背景に時代劇存続へ思いも

最新作で悪役を演じる市村正親

 東山紀之(53才)主演の人気時代劇シリーズ最新作『必殺仕事人2020』が6月28日に放送される。毎回、話題を呼ぶのが大物俳優が演じる悪役だ。今回は、市村正親(71才)が事件のカギとなる悪役を務める。『必殺仕事人』の悪役につい時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 毎回タイトルに放送年が記され、年に一度の祭りのような番組になった『必殺仕事人』。今年も「2020」版が登場する。今回は、子を装って親を騙す「親だまし」詐欺が江戸の町で頻発。金ずくで悪を葬る仕事人のひとり渡辺小五郎(東山紀之)が同心として働く奉行所にやり手の新奉行(市村正親)が赴任したが、被害はおさまらない。そこにはやくざ者とは違う「グレ者」がからんでいるらしい。おなじみの仕事人仲間、経師屋の涼次(松岡昌宏)、リュウ(知念侑李)、花御殿のお菊(和久井映見)もそれぞれ事件に関りを持つことになっていく。

 市村の奉行は、悪の撲滅を宣言する一方で裏の顔があり、公式HPの本人のコメントによると「とことん悪に」なっているという。その悪っぷりは今年の見せ場になるはずだ。なにしろ2007年に東山らが主演で復活した『必殺仕事人』シリーズは、毎回、大物俳優がめったに見せない「悪役」になるのも恒例なのだ。

 2012年『桃太郎侍』で悪を成敗してきた高橋英樹、2013年『水戸黄門』の里見浩太朗をはじめ、竹中直人、奥田瑛二、昨年はついに西田敏行が登場。商才のある若者を食い物にする大商人に。うわー、悪いわー。映画『アウトレイジ』シリーズでは堂々のやくざっぷりを見せていたが、「必殺」で改めて悪人演技にびっくりしたものだった。

 大物悪役の起用には、いろいろな意味がある。まず、第一にはシリーズが仕事人たちの前に立ちはだかる悪がでかくないと、話が盛り上がらないということ。仕事人たちのキャラクターは変化しないが、悪は毎回個性豊か。物語に変化と山場を作るのは悪人なのだ。また、大物登場で話題にもなり、ジャニーズファンはもとより、大物が出演した時代劇を長年観てきた中高年層にもアピールできる。俳優陣も一話限りの敵役には、衣装や道具などにも凝って自由に役作りができる面白さがあるという。

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン