ライフ

湿気に負けない雑学、唾液は1日1~1.5L分泌される…など

「大さじ1」を量りたいときはペットボトルのキャップを2つ使うとよい

 梅雨、真っ只中。高温多湿に「マスク習慣」が加わって、例年以上にしんどい人も多いのでは? 今回は、そんな「じめっ」による不快を解消できるような雑学をご紹介!

●しょうがは、水の入った容器に入れて冷蔵庫の中で保存すると長持ち。

しょうがと共に唐辛子を入れるとさらに長持ち。約1か月はきれいなまま使える。

●ペットボトルのキャップ2杯は、大さじ1と同量。

ペットボトルのサイズや形には規格がないが、ボトルの口径は28mmと統一されている(日本国内のもの)。したがって、キャップの容量も約7.5ccで統一。計量スプーンの代用にもなる。

●唾液の分泌量は1日平均1~1.5l。高齢者でも500mlは出る。

 唾液には食べ物を飲み込みやすくしたり、消化しやすくしたり、味を感じやすくしたり、虫歯や歯周病のリスクを弱めたり…と、さまざまな健康効果があることが知られている。だが、唾液の量が減少し、口の中が乾燥するドライマウスは年々増加。患者数は推定800万人ともいわれ、中高年女性に多いのが特徴だ。

●砂糖の容器にマシュマロを入れて保存するとサラサラになる。

 ガチガチに固まってしまった砂糖も、マシュマロを数個入れて1日おいておけばサラサラに。すぐに使いたいときは、霧吹きで少しずつ水分を与えてスプーンで混ぜればよい。

※女性セブン2020年7月2日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

スキンヘッドの渋谷容疑者(2006年に行われた会見)
《一夫多妻の白いハーレム》近隣住民が目撃した、元占い師の逮捕現場一部始終「有害物質が出ているから窓を閉めて!」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
“妻”を侍らせる渋谷容疑者(『週刊ポスト』2006年2月10日号より)
《一夫多妻ハーレム生活の全貌》逮捕された元占い師(74)が過去に明かしていた「求めている女性がいれば、その女性と」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れた女性(SNSより)
【迷惑行為動画】渋谷のZ世代はどう思うのか「刑事と民事ってナニ?」「少年法で守られる」の声 河野大臣の声は届かない
NEWSポストセブン
中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン