• TOP
  • ライフ
  • 農業高校卒ライター「早大卒」と詐称した後の針のむしろ人生

ライフ

2020.06.25 16:00  女性セブン

農業高校卒ライター「早大卒」と詐称した後の針のむしろ人生

オバ記者が“学歴詐称”の過去を明かす

 体験取材を得意とする『女性セブン』の“オバ記者”ことライター・野原広子(63才)が、話題のトピックについて、自由な意見を綴る。今回のテーマは「わが学歴詐称の記」だ。最近は小池百合子東京都知事の「学歴詐称疑惑」が何度も取沙汰された。

 * * *
 ここ1か月でいえば、いちばん人の口にのぼった四字熟語は、間違いなく「学歴詐称」。連日その名を聞かない日はない、あの女性を引き合いに出すつもりはないけれど、実は私、2年間だけ、わけあって学歴を詐称していた過去があるの。それも、言いも言ったり、「早稲田大学卒」。

 ありえません。

 私の卒業した茨城県の農業高校は、ペンを持つより草刈り鎌を持つ時間の方が長いところ。上京して住み込みの店員になった18才の私にとって「大学生」は、学校や誰彼に関係なく、全員憧れだったもの。

 それが、ひょんなことからライターを志し、いくつかのラッキーをつなぎ合わせ、どうにかカッコウがついたのは30才前後。で、調子に乗って編集プロダクションを立ち上げたはいいけれど、もともとお金の計算は大の苦手。

 どんぶり勘定のどんぶりは小さくなる一方でね。もうダメ、今月こそアウト、と40才を目前にしてどうにもならなくなったとき知り合ったのが、2才年上のブティック経営者・S子さんだったの。

「家賃がきつい。事務所を解散したい」

 ある日、彼女の店で弱音を吐くと、「じゃ、全部畳んでうちにおいでよ」と言う。彼女は東京の一等地、渋谷区にマンションを一棟持っていて、そこに格安の家賃でいいから引っ越してこないかと、夢のような提案よ。

 S子さんの“好物”は学歴。誰かを紹介してくれるたびに、「彼女、ポン女卒。優秀よ~。お姉さんはお茶大だって。高学歴姉妹よね」などと、歌うように言うの。

 その後で必ず私の最終学歴も聞いてくるのが困りもので、「農業高校卒」と本当のことを言うこともないか…そう思って、黙ったり、話を変えたりしていたわけ。

 そんなこんなで2か月ほどたって、引っ越したその日のこと。私の大家さんになったS子さんは、積み上げた荷物を横目に見て、「引っ越し祝いをしてあげる」と食事をおごってくれた。その帰り道で、「ヒロコちゃん(オバ記者)、早稲田だよね?」とマジメな声で聞くんだわ。

 思えば、「ライターって早稲田が多いんでしょ?」「いろいろだよ」「でも、ヒロコちゃんは早稲田って感じ」「まさか」──と、S子さんの口からそれまで何度も早稲田という大学名は出ていたのよね。

関連記事

トピックス