ライフ

自粛で売上げアップのふりかけ 種類増えたのは5~6年前から

進化し続けるごはんのお供、ふりかけ

 ご飯を主食とする日本ならではの加工食品「ふりかけ」。自粛期間中は特にお世話になった家庭も多いのでは? 「ゆかり」でおなじみの「三島食品」のふりかけの売り上げは前年比で3月が120.9%、4月は111.1%、「のりたま」などが人気の「丸美屋食品」は、3~4月が前年比105%になるなど、ふりかけ全体の売り上げもアップしている。

 日本で大正初期に考案されたといわれる「ふりかけ」。現在は、数え切れないほどの種類が販売されているが、「味のバリエーションが増え始めたのは5~6年前からではないか」と、国際ふりかけ協議会(*)代表理事の松江慎太郎さんは言う。

「『全国ふりかけグランプリ(*2)』を始めた2013年頃は、ご当地ものやコラボもの、ましてや、さまざまな食品の味をふりかけで再現するなど考えられませんでした。でも、フリーズドライなどの技術が向上し、素材や味付け、具材の組み合わせなどが豊富になり、多くの味が出回るようになったと考えられます」(松江さん)

(*1)国際ふりかけ協議会とは、地域振興や、栄養不足に苦しむASEAN諸国の子供たちへ「ふりかけ」の寄付活動を行っている団体。
(*2)全国ふりかけグランプリとは、国際ふりかけ協議会が熊本県で始め、ふりかけ業界の振興・発展と米の消費拡大を目的とした、全国のおいしいご当地ふりかけが集まるイベント。

◆日本のふりかけの元祖は「御飯の友」

ふりかけの元祖「御飯の友」

 多数のふりかけメーカーが加盟する「全国ふりかけ協会」によって、1994年に元祖と認定されたのが『御飯の友』。原材料の40%を占める「いりこ」をまるごと粉砕し、専用のしょうゆなどで味付けした100年以上続く味だ。発売当初の瓶を再現したパッケージの商品が発売中。『御飯の友 八角瓶』500円/36g/フタバ

◆三島食品のゆかり三姉妹に今年新たに妹が誕生。その名は『うめこ』!

カリカリ梅のふりかけ『うめこ』

 三島食品の社長・末貞操氏に、とある社員から『カリカリ梅』を復活させたいとの相談があり、いくつかの案の中から2人の意見が一致したのが『うめこ』だった。そのときのイメージは演歌歌手だったとか。『うめこ』(カリカリ梅)12g、『ゆかり』(赤しそ)26g、『かおり』(青じそ)15g、『あかり』(ピリ辛たらこ)12g/各130円/三島食品

◆日本にふりかけが登場したのは大正時代

 大正初期に薬剤師の吉丸末吉氏によって熊本県で考案された。当時の日本は食料不足の時代で、慢性的なカルシウム不足を補うために考えられた。

◆丸美屋の『のりたま』は旅館の朝食がヒント!

丸美屋の『のりたま』

 1960年に発売になった『のりたま』。丸美屋の創業者・阿部末吉氏が旅館の朝食に出されたのりと卵をヒントに、当時高価だったこの2つを「家庭で手軽に味わえないか」と、開発に着手した。

撮影/田中麻以

※女性セブン2020年7月9日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン