• TOP
  • 国内
  • 藤井聡太ブームで話題 将棋番組「AI解説」の楽しみ方

国内

2020.07.19 07:00  NEWSポストセブン

藤井聡太ブームで話題 将棋番組「AI解説」の楽しみ方

 ソフトの評価値という冷徹な「セカンドオピニオン」が示される現在、解説する側も大変である。対局者が善悪不明な手を指し、評価値が乱高下する中、解説者もその数字を目の当たりにして右往左往する、という場面もしばしば見られようになった。またどれだけ強い棋士の指し手であっても、ソフトは忖度なく、好手か悪手かを判定する。

「昔は羽生さんや大山(康晴)先生がやったら『神様が指した一手だ』ぐらいに思っておったわけよ。ところがいまや、数字でパンパーンと弾き出される」(石田九段)

ソフトが強いゆえの人間再評価

 コンピュータ将棋ソフトの実力は、すでに人間を凌駕している。それはまぎれもない事実だ。だからといって、人間が指す将棋の価値が低くなるわけではない。むしろ、ソフトがなかなか最善手として発見できない妙手を、人間の実力者がすっと指してしまうこともある。

関連記事

トピックス