芸能

三浦春馬、演技の道に導いてくれた母に大きな親孝行していた

母親にマンションを買ってあげていたという情報も(Imaginechina=時事通信フォト)

母親にマンションを買ってあげていたという情報も(Imaginechina=時事通信フォト)

 三浦春馬さん(享年30)の訃報は、芸能界だけでなく日本中に衝撃を与えた。過去に共演した役者からも、悲しみの声が続々とあがっている。三浦さんの連続ドラマ初主演作となった、2008年『ブラッディ・マンデイ』で共演した女優の吉瀬美智子(45)は、自身のインスタグラムで「言葉になりません 只々、胸が締め付けられる思いです」「信じたくありません」「私にとって弟の様な存在で、頭が良くて器用で本当に素晴らしい役者でした」と綴った。

 茨城県出身の三浦さんが演技に触れたのは4歳の頃。地元のタレント養成所に所属し、俳優業をスタートさせた。

「母子家庭で一人っ子ということもあり、早く友達ができるようにと、お母さんが習い事として通わせたようです。すぐに頭角を表し、7歳でNHKの連続テレビ小説『あぐり』に出演するなど、天才子役と言われるまでに成長しました。高校進学を機に本気で演技の道に進むことを決意し、親元を離れ東京で暮らし始めたのです」(養成所関係者)

 16才のときに映画『キャッチ ア ウェーブ』で映画初主演を果たすなど、その後の活躍は周知の通りだが、近年は、自分を演技の道に導いてくれた母親に、人知れず親孝行も果たしていた。

「三浦さんのお母さんは彼が高校にあがる前に再婚したので、彼も姓が変わっています。この頃、既に『三浦春馬』として芸能界デビューしていたので、芸名までは変えませんでした。しかし、今から数年前に離婚されているようで、同時に三浦さんも姓を戻しています。

 三浦さんは養父と不仲ということは全くなく“母親が一人になるのは可愛そうだから”と気遣って三浦姓に戻したとのことです。その頃までにお母さんに都内の高級マンションを買ってあげたという話も聞いています。自分の役者人生を切り拓いてくれたお母さんのことをずっと気にかけていた印象です」(三浦の知人)

関連キーワード

関連記事

トピックス

勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
中田翔には様々な意見が(時事通信フォト)
巨人・中田翔絶好調で坂本勇人の一塁転向は白紙か 「外野にコンバート」の可能性
NEWSポストセブン
確定申告期間中の東京国税局(時事通信フォト)
「300万円以下の副業は雑所得」案 サラリーマンが看過できないデメリット
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン