• TOP
  • ライフ
  • ゴゴスマ石井亮次アナが人生学んだ漫画『トラとミケ』の魅力

ライフ

2020.07.25 16:00  女性セブン

ゴゴスマ石井亮次アナが人生学んだ漫画『トラとミケ』の魅力

『トラとミケ こいしい日々』第16話「酷暑の候」より

『女性セブン』連載中の漫画『トラとミケ』(ねこまき・作)の単行本第2巻が発売たちまち重版が決定。名古屋にあるどて屋『トラとミケ』を舞台に描かれる心温まる物語には、名古屋名物もたくさん登場し、名古屋在住の人はもちろん、かつて名古屋に住んでいたりと、名古屋に縁のある人たちには懐かしい料理や方言が満載で、「トラミケ」ファンになる人が急増している。そこで、CBC・TBS系『ゴゴスマ』でMCを務めるなど、今や“名古屋の顔”となっているフリーアナウンサーの石井亮次さんに、『トラとミケ』の魅力を綴ってもらった。

 * * *
 ある日、女性セブンを開き、何気なく読んだ『トラとミケ』にハマりました。舞台が名古屋の居酒屋、出てくる名古屋メシ、繰り出される名古屋弁。名古屋のスタジオから番組をお送りしている私にとって、その名古屋感もとっても心地良いのですが、読んでいて最も楽しいのは「自分の人生」を振り返るきっかけを猫達が与えてくれるところ。

 人間じゃなくて猫! というのがポイント! 読んでいると人間のように見えてくるけど人間じゃない。あくまでも猫。これが不思議なもので猫だからこそ「自分はどうだっただろうか?」と自らの人生に置き換えてこれまでの事を色々思い出しちゃうのです!! だまされたと思って読んでみてくださいってこれが本当の「猫だまし」(笑い)。

「悩みを抱えて帰省編」。あるある! そうなっちゃう時って誰にでも。実家のぬくもりに触れて涙を流す猫。読み終えた直後、大阪のオカンに電話していました。「もしもしオカン! いつもありがとう!」。普段なかなか言えないことを猫が言わせてくれました。

「結婚式編」。そういえば自分の結婚披露宴でも感動的なシーンがあったなぁ。披露宴の4年前に亡くなった義母。最後の挨拶で義父が天井を見あげて「お母さん! 娘が結婚しおったぞ~~」と絶叫。会場中からすすり泣く声。その直後にウケ狙いの挨拶をした私。壮絶なおスベリでした。改めて、狙ってしゃべってはだめよと猫が思い出させてくれました。

「肉親の死編」。5年前に66歳で亡くなった父。意識のない父に病床でよびかけました。「父ちゃんこれまで本当にありがとう!」。すると意識がなかったはずの父が口を開きました。「まだはやい!」と。最期まで面白い優しい父だった。2児の父になった私は人生の最期に「ありがとう!」と言ってもらえるのだろうか?

 と、こんな感じで『トラとミケ』は自分の人生を振り返るきっかけをくれるのです。さらにこれからの人生どうあるべきかまで考えさせてくれる。そして総じて優しい気持ちになれるのです! ネットに氾濫する罵詈雑言とは対極の世界観。優しさに触れると人に優しくなれると聞いたことがあります。皆さんもぜひ! 家族、仕事などの悩みもこの一冊で即解決だニャ~~。またまた壮絶なおスベリ。ご容赦を!

追伸 『ゴゴスマ』CBC・TBS系列で月~金曜の午後1時55分から! ぜひご覧ください!

【プロフィール】
◆石井亮次/いしい・りょうじ。1977年生まれ。CBCテレビのアナウンサーを経て、2020年4月からフリーに。東海地方などで「お昼の顔」として親しまれている。

※女性セブン2020年7月30日・8月6日号

関連記事

トピックス